このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第197回

安価なSanDisk「SSD PLUS」の使いどころは!?

コスト重視のPC自作に狙い目のSanDisk「SSD PLUS」

2016年08月11日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SanDisk「SSD PLUS」

コストを重視したPC自作や旧型PCの
パワーアップに狙い目のエントリーSSD

 フラッシュメモリー関連製品の巨人メーカーで、高性能かつ信頼性が高いCF/SDカードは、プロのカメラマンにも愛用者が多いSanDisk。

 リテール向けのSSD市場に参入したのは、2014年8月とわりと最近だが、すっかりSSDのド鉄板メーカーのひとつになっている。

 ラインナップは、性能と信頼性を重視したMLC NAND採用のハイエンド向けの「Extreme PRO SSD」、コスパがいいメインストリーム向けの「Ultra II SSD」、コストを重視した「SSD PLUS」などがあり、用途や予算に合わせて選べるようになっている。

 SanDisk製SSDはレビューや試用レポートが多いが、2016年5月にマイナーチェンジされ、採用NANDフラッシュメモリーがMLCからTLCに変更されたエントリーモデルの「SSD PLUS」は、ややレビューが少なめ。

 信頼性に定評のあるSanDisk製かつ480GBで1万3000円台という激安系SSDに近い価格帯だけに、そのパフォーマンスが気になる人も多いだろう。というわけで、新旧比較も含めて、「SSD PLUS」のパフォーマンスを試してみることにした。

SanDisk「SSD PLUS」シリーズ。容量は120GB/240GB/480GBをラインナップ。マイナーチェンジしたモデルは型番末尾が“J26、またはJ26C”になる

TLC NANDとSilicon Motion製
コントローラーを採用した「SSD PLUS」

 採用NANDのTLC標準化が進んでいるSSD。「SSD PLUS(J26/J26C)」も、MLCからTLC NANDにマイナーチェンジ。175万時間のMTBFや3年間のメーカー限定保証など、耐久性や保証面はそのままに、120GBモデルで180GB/sec、240GBモデルで350MB/secだったシーケンシャルライトが、120GB/240GB/480GBともに400MB/sec台となっている。

 そのほかのスペックは、2.5インチフォームファクター、SATA3(6Gbps)、7mm厚(9.5mm厚変換アダプター付属)で、容量は120GB/240GB/480GBの3モデルが用意されている。

SanDisk SSD PLUSスペック表
型番 SDSSDA-120G-J26C SDSSDA-240G-J26C SDSSDA-480G-J26C
容量 120GB 240GB 480GB
NANDフラッシュタイプ TLC NAND
コントローラー 非公開
シーケンシャルリード 530MB/s 530MB/s 535MB/s
シーケンシャルライト 400MB/s 440MB/s 445MB/s
4Kランダムリード 非公開
4Kランダムライト 非公開
MTBF 175万時間
保証期間 3年間
実売価格 5000円前後 7000円前後 1万3500円前後

 「SSD PLUS(J26/J26C)」のコントローラーは、製品ページに記載されていないが、Silicon Motion製の「SM2256S」になっていた。なお、「SM2256S」のデーターシートが見当たらなかったが、旧型に採用されていた「SM2246XT」と同じく、DRAMバッファを省いたコントローラーだ。

 今回試したのは、サブPCやちょっと古めのノートPCの換装に使える手ごろな価格で、シーケンシャルライトが大きくアップしている新型の120GBと、動画や写真のデータをたっぷり保存できる480GBモデルをテストしている。

一部のショップには旧型「SSD PLUS(J25/J25C)」の120GBモデルの在庫が残っており、新型よりも数百円だが安価になっていることもプラスチックボディの採用など、新型(上)と旧型(下)「SSD PLUS」の見た目は、まったく同じになっている
裏面記載の製品型番も新旧で同じだが、新型は消費電流(+5VDC)の値が、旧型の1.5Aから0.7Aにダウンしている
基板自体は、とくに固定されていないが、蓋は多数のフックでガッチリ固定され、基板も蓋で押さえる仕組みになっている
中央部にも固定フックがあり、基板をしっかりホールド
120GBモデル「SDSSDA-120G-J26」の基板。コンパクトな基板に、コントローラーと表裏あわせて4枚のNANDフラッシュメモリーを搭載していた
480GBモデル「SSDSSDA-480G-J26」の基板。NANDフラッシュメモリーの容量が違うだけで、120GBモデルと基板レイアウトは同じ
コントローラーはSilicon Motion製「SM2256S」を採用120GB、480GBモデルともに、NANDフラッシュメモリーには、SanDiskの刻印が入っていた(写真は480GBモデルのチップ)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中