このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート第14回

2枚構成ならPascal越え!?

VRに最適Polaris初のGPU「Radeon RX 480」をお披露目

2016年06月01日 23時36分更新

文● 中山智 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月1日、COMPUTEX TAIPEI 2016にあわせたイベントにて、RadeonはPolarisアーキテクチャーの新GPU「Radeon RX 480」を発表した。

Radeon RX 480をお披露目する上級副社長兼チーフアーキテクトのRaja Koduri
199ドルという価格発表で、会場が沸いた

 Radeon RX 480は199ドルと低価格ながら、 ハイパフォーマンスを目指したGPU。さらに最近のトレンドとなっているVRへの対応をうたっており、Oculus RiftやHTC Viveなどを楽しむためには高価なハイエンドGPUが必要だった状況をRadeon RX 480によって一変させ、「1億人にVR体験を届ける」ための製品としている。

 メモリーは4GBまたは8GBのGDDR5を搭載し、バンド幅は256GB/secでTDPは150W。さらにVR PremiumやAMD FreeSyncに対応し、ディスプレーポートは1.3/1.4HDRとなってる。

Radeon RX 480のスペック
従来製品と比べて3倍弱の性能アップ

 性能としては従来製品と比べて、消費電力あたりで2.8倍もの性能を発揮。700ドルクラスの「GeForce GTX 1080」と比較した場合でも、DirectX 12対応ゲームの「Ashes of the Singularity」では、GeForce GTX 1080が58.7fpsに対して、Radeon RX 480を2基使用したケースでは62.5fpsとGeForce GTX 1080を上回っている。しかもRadeon RX 480は199ドルからと低価格なため、2基用意しても500ドル以下とコストパフォーマンスでも勝っている。

2基使用すればGeForce GTX 1080を超える性能を低価格で実現
ゲームプラットフォームはDirectX 12などに対応

 出荷は6月29日を予定。Oculus RiftやHTC Viveにチャレンジしてみたいが、高価なグラフィックボードを買うのがキビシイく躊躇していたユーザーには朗報と言える製品の登場だ。

カテゴリートップへ

この特集の記事