このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第459回

子猫は大丈夫? 先住猫との家庭内縄張り争い

2016年05月27日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
そーっと出てきた「梅」と「菊」の邂逅。この2匹は仲良くなれるのか!(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
そーっと出てきた「梅」と「菊」の邂逅。この2匹は仲良くなれるのか!(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 前回は、Nさん宅にやってきた新しい家族、白くてふわふわでノルウェージャンフォレストな子猫にフォーカスしてお届けしたわけだが、気になるのは先住猫「小梅」(以下、飼い主の呼び方に合わせて「梅」と略す)だ。

 一般的に、新しい猫がやってきたら古くからいる猫は面白くない。猫は縄張り意識が強いので、縄張りに入ってきた闖入者には容赦ないのだ。

 でも、子猫の「菊正宗」(飼い主の呼び方に合わせて「菊」と略す)はそんなことおかまいなしに、「遊んで遊んで」と梅に近寄っていくのである。

 私が訪問したとき、梅は「知らないヤツが来た」ってんでテレビ台の後ろに隠れてたのである。そこがお気に入りの隠れ場所らしい。

菊を撮ってたら、そろーっと出てくる梅の姿が(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
菊を撮ってたら、そろーっと出てくる梅の姿が(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 で、菊はもちろん梅がそこにいるのは知っているので、遊んで欲しいな、と入っていくのである。

梅と向かい合う菊(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
梅と向かい合う菊(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

 さあどうなるか。期待してカメラを構えてじっと待つ。

 シャーッ。猫好きにはおなじみ、威嚇声と威嚇顔である。

菊と目を合わせるなり「シャーッ」の洗礼である。「新入りがシャアの洗礼を受けた」って書くとなんか違うアレみたいだけど、まあ似たようなものである(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)
菊と目を合わせるなり「シャーッ」の洗礼である。「新入りがシャアの洗礼を受けた」って書くとなんか違うアレみたいだけど、まあ似たようなものである(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)

 そして隠れ家から出てきた梅は、お気に入りのキャットタワーの上に飛び乗るのであった。

 菊はまだここには来られないからね。

キャットタワーの上で部屋を監視する梅(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)
キャットタワーの上で部屋を監視する梅(2016年5月 オリンパス OM-D E-M1)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART