このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第458回

白くてふわふわな子猫と遊びながら……富士フイルム「X-Pro2」で撮る!

2016年05月20日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
訪問していきなり這いつくばって撮った「菊」。突然見知らぬ人がやってきたので、まだ顔が緊張してる。本当に真っ白でふわふわしてて目が青くてたまらんですな(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)
訪問していきなり這いつくばって撮った「菊」。突然見知らぬ人がやってきたので、まだ顔が緊張してる。本当に真っ白でふわふわしてて目が青くてたまらんですな(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)

 今回はヤバい。

 何しろ白くて小さくてふわふわなのである。この連載、ゆるふわな猫写真よりは、街でたくましく生きるストリート猫の姿を中心に撮ってきているわけだが、今回ばかりはちょっと違う。

 1年ほど前(2015年4月)に、猫宅訪問第3弾で撮らせていただいたUさんから「うちに子猫が来たんですけど、撮ります?」とFacebookでメッセージが飛んできたのがはじまり。

 子猫を子猫らしく撮れる機会はそうはないので、ぜひぜひとお邪魔したのだ。

 今回は元気な子猫だってんで、富士フイルムから最新のハイエンドミラーレス機「X-Pro2」と単焦点レンズを借り、ワンランク上の装備と普段使ってる「OM-D」の2台体制で出かけたのである。

富士フイルムのハイエンドミラーレス機 X-Pro2。少々重いがAFも速くて使い勝手が良く、画質もすばらしい 富士フイルムのハイエンドミラーレス機 X-Pro2。少々重いがAFも速くて使い勝手が良く、画質もすばらしい

 そして訪れてみるとこれである(冒頭写真)。

 名前は「菊」(フルネームだと「菊正宗」)。ノルウェージャンフォレストキャットの雄。ノルウェーでフォレストである。北欧猫である。

 しかも真っ白。これはヤバい。ここまで白いとは思わなかった。

 その上子猫である。子猫はカメラにとって強敵である。

 何しろじっとしてないのである。オモチャを出すとその反応はビビッドで、動きも超すばやい。

 だから、シャッタースピードを上げなきゃ撮れない。しかもふわっとした感じを出すには、明るい単焦点レンズを使って絞り開放で撮りたい。

 絞り開放だと、ピントの合う範囲がすごく狭くなるので(被写界深度が浅くなるという)、ほんの少し猫が動くだけでピントがずれちゃうのだ。

 というわけでたくさん連写しました。

 その中からこれをどうぞ。

顔にピントを合わせつつ(動き回るのでこれがむずかしいんだが)、連写した中の1枚。口がいい感じに開いてて子猫らしい。オモチャを出すと飽きずに遊んでくれるのもよいところ。写真なんて撮ってないで遊んでたいわ(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)
顔にピントを合わせつつ(動き回るのでこれがむずかしいんだが)、連写した中の1枚。口がいい感じに開いてて子猫らしい。オモチャを出すと飽きずに遊んでくれるのもよいところ。写真なんて撮ってないで遊んでたいわ(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)

 子猫ってオモチャと遊んでる時って口が開くんだよね。手で獲物を捕まえてくわえようとするから。そのとき口の中に覗く犬歯がまた小さくていいのだ。

 さて、冒頭写真とこのオモチャで遊んでる写真。一番の違いは背景である。

 白い猫を撮るとき、背景が暗い色だと明暗差が大きな分、ちょっとキリッとする。逆に明るい色だと少しふわっとなる。

 ふわっととりたいときは背景が明るくて鮮やかな方がいいのだ。

 背景が白くなるともっとふわっと撮れる。

 というわけで真っ白な猫ベッドにおさまった瞬間、思い切りプラスの補正をかけて這いつくばって撮影。

白い猫ベッドに白い長毛の子猫。これはたまらんですな(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)
白い猫ベッドに白い長毛の子猫。これはたまらんですな(2016年5月 富士フイルム X-Pro2)

 白背景に白い子猫でなおかつすごく明るいレンズで撮ってるのでもうふわふわである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART