このページの本文へ

今、買うべき春デジギア 2016第1回

ASCII.jp編集部スピーディー末岡がオススメ

Continuumがやりたくて「NuAns NEO」を購入した結果

2016年03月09日 11時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アクセサリーメーカーのトリニティが発売した「NuAns NEO」。OSにWindows 10 Mobileを採用した、SIMフリースマホだ。昨年11月の発表と同時に筆者も予約し、先日現物が届いたばかり。さっそくSIMを入れて初めてのWindows 10 Mobileを堪能している。

良い子(中年からお年寄りも)のみんな! AndroidやiOSもいいけど、これからはWindows 10 mobileの時代Deathよ!

 サイズは74.2×141×11.3mm、重さが150gで、スペックはディスプレーが5型(720×1280ドット)、CPUはSnapdragon 617(1.5GHz、オクタコア)、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GB、リアカメラがF値2.0の1300万画素、フロントカメラは500万画素とミドルレンジクラスだ。

自分の好きなようにタイルを並べ替えたり、サイズを変更したりと、ホーム画面のカスタマイズも楽しい。また、端末自体の厚みはあるけど、そのぶん手にフィットして握りやすい
背面カバーは自分の好きなものを選べるので、筆者は上下スウェード地をチョイスハードキーはボリュームと電源キーのみ
充電やデータ転送はUSB Type-Cを採用背面カバーはカンタンに取り外しが可能なので、気分で付け替えたりもできる
SIMとmicroSDカードのスロットは背面右上にあるここにはSuicaなどのカードを収納できる

 ハイスペック原理主義者の筆者がどうしてこの端末を自腹で購入したのかというと、やはり「Continuum」に対応しているということ。発表当時は“対応予定”だったのでどうなることかと思ったが、今年のCESで無事に正式対応が発表され、予約をキャンセルしないで済んだのである。

パッケージは本体と背面カバーの上下と3つになる。オシャレなんだけど、出し入れしづらくて、さらにパッケージの破片がボロボロ取れる……

 このContinuum、どんな機能なのか一言で言うと「スマホがPC代わりになる」のである。現在、唯一の対応品を謳っているディスプレーレシーバー「ScreenBeam mini 2」を使えば、ワイヤレスでスマホの画像をテレビやモニターに映し出し、さらにマウスやキーボードをつないでPCのように使えるという、超便利な機能なのだ! いうなれば、出張先のビジネスホテルなどにHDMI端子つきのテレビがあればノートPCなどを持っていく必要がなくなるということ。

 出張が多い筆者には、機材がひとつ減るだけでとても助かるので、この機能は重宝するだろう。そんな期待を込めてさっそく編集部内のテレビでテスト。

 レシーバーとの接続は非常にカンタンにでき、あっという間にNuAns NEOの画面が液晶テレビに映し出される。スマホの画面はタッチパネルモードになり、基本的にマウスでする操作はスマホをフリックしたりタップしたりでOKだ。接続中でもNuAns NEOのウィンドウズキーをタップすれば、ほかのアプリを使うこともできる。USBなりBluetoothなりでマウスやキーボードをレシーバーと接続すれば、それこそデスクトップPCのような操作感で使える。

アプリの中に「Continuum」があるので、これを起動。ワイヤレスアダプターを選択接続先が表示されるのでタップすればすぐに接続される
ScreenBeam mini 2を挿したTV側はこんな感じめでたく接続されると、スマホのトップ画面が表示される

 ということで実際に使ってみると、思ったよりもレスポンスがいい! 処理が重くなる部分は多少あるのでいつでもサクサクというわけにはいかないが、これは好感触だ。ただ、対応アプリがまだ少なく、例えばTwitterは使えないけどFacebookは使えるなど、制限が結構ある。そもそもアプリ自体が少ないんだけど。

接続後、スマホ側はタッチパッドとして使うことになるが、別のことにも使えるまだスペック的に動画系の作業は厳しいが、ワードやエクセル程度なら問題ない。どちらかというとビジネスマン向け

 ウェブサイトを見ているときにスクロールさせると、全体的に画面が荒くなるし、Office系のアプリもちょっと重たいという印象。これがスペックの差なのか無線接続の差なのか、有線接続のContinuumだったどうなるんだろうという疑問は残るものの、もう少し進化すればそれこそPCレス、そしてOneWindowsの世界が来そうだ。この機能、現状進化が停滞しているスマホのブレイクスルーになりそうだ。

※先日、スペインのMWCで有線Continuumを体験したのだが、ラグがほとんどなく、まさにノートPCのように使えたので衝撃を受けたので、はやく日本でも有線接続できるモデルを!

スピーディー末岡

 ASCII.jp編集部所属。Androidユーザーのスピード狂。その名に恥じず速いものが大好きで、スマホはスペックからチェックするタイプ。ヘルメットを被っているのは、「俺はいつでも高速だから……」というよくわからない理由。BABYMETAL好きを公言してからは「ベビメタおじさん」とも。スペック厨だが、最新のテクノロジーも大好きなので、今回ミドルレンジのNuAns NEOをチョイスした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART