このページの本文へ

アクセサリーメーカーのトリニティが自らWindowsスマホ「NuAns NEO」を来年1月発売!

2015年11月30日 17時15分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows10 Mobile搭載のスマホが
アクセサリーで有名なトリニティから!

 これまでスマホのアクセサリーを中心に手がけてきたトリニティ。そんな同社がスマホそのものを発売することになった。OSは「Windows 10 Mobile」を搭載し、2016年1月に価格は3万9800円(税抜)でリリース予定。

プレゼンテーションを行なった、トリニティ 代表取締役社長 星川哲視氏

 スマホの名称は「NuAns NEO」(ニュアンス ネオ)。トリニティ、NEOといった単語から映画「マトリックス」を連想させる。気になるスペックはディスプレーが5型(720×1280)、CPUはSnapdragon 617(1.5GHz、オクタコア)、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GB、リアカメラがF値2.0の1300万画素、フロントカメラは500万画素とミドルレンジクラス。

 サイズは74.2×141×11.3mm、重さが150g。どんどん薄型化するスマホの流行に反する形で、なんと厚さが約11mmとなっている。これについて、トリニティ代表取締役社長の星川哲視氏は「持ちやすさを追求するため、厚みを持たせた。バッテリーの配置にも気をつかい、持ったときに重量配分がバランスよくなるようにした」とこだわりを語った。この厚みのおかげで、バッテリーも3350mAhと大容量のものを搭載できた。

「NuAns NEO」の開発に関わった、フリーランスエンジニアの永山純一氏(左)と、デジタル系ジャーナリストの本田雅一氏(右)
Windows 10 Mobileなら、すべてのことがひとつの端末で済む薄さを捨ててでも追求したかったこだわり

 そのほかの仕様は充電やデータ転送にUSB Type-C端子を採用したことで急速充電をサポートしていること。またSIMフリー機で、Wi-Fiは5GHz帯とIEEE802.11acに対応、LTEの対応周波数はバンド1/3/8/9/19/28と、ドコモとソフトバンク網が使用可能。

使いやすさと本体デザインを両立させたという対応バンドは豊富

 予約受付は今日30日の22時から。

「NuAns NEO」をさっそくフォトレポ

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART