このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

今、買うべき春デジギア 2016 ― 第2回

優れた"全部入り"を今こそ手に入れろ

ド定番LTEルーター「Aterm MR04LN」をビジネス/プライベートで活用せよ

2016年03月14日 11時00分更新

文● 北島幹雄、編集●Atermマニアックス、
撮影協力●la cantina cancemi 九段下・飯田橋店

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ASCII 大江戸スタートアップ 北島。さまざまなスタートアップ企業を追いかけており、取材は多い。出張先や出先でレポートをまとめる機会があるため、モバイルPCはもちろん、安心して利用できるモバイルルーターが必須なのだ(撮影協力:オリーブオイルダイニング「la cantina cancemi」(ラ・カンティーナ・カンチェーミ) 九段下・飯田橋店)

 春からの新生活、あるいは新年度に向けて、新しいモバイルPCやタブレットの購入を検討しているASCII.jp読者は多いだろう。そんな方にぜひ合わせて検討していただきたいのが、モバイル通信環境の見直しだ。ASCII 大江戸スタートアップの北島(以下、北島)もスタートアップ企業などへの取材があり、モバイルPCで安心してデータをやり取りできるモバイルルーターを必要としていた。たとえば、忙しいさなかにランチを待つ間などに、モバイルPCでネットの情報チェックや仕事を進められないか検討した結果、今回紹介するNECプラットフォームズのLTEモバイルルーター「Aterm MR04LN」を手に入れたのだ。

NECプラットフォームズのLTE対応モバイルルーター「Aterm MR04LN」

 最近のモバイルPCは軽量化/高性能化が進んでいることもあって、屋外での作業でもガッツリ使う方が増えており、消費するデータ通信量が増加傾向にある。モバイルルーターなら、モバイルPCを使って大きなデータをやり取りしても高速かつ安定した通信を行ないやすい。北島はスマートフォンのテザリング機能を使うことも考えたようだが、モバイルルーターであればバッテリーの心配が少ない点を重視した。なにせ、「Aterm MR04LN」ならWi-Fiテザリング時最大約12時間、Bluetoothテザリング時最大約24時間の連続通信が行なえる上、出張先や出先でスマートフォンがバッテリー切れになり、通話程度もできないという状況は避けられる。

 

スマートフォンには音声対応SIM、モバイルルーターにはデータ通信専用SIM

 また、LTEモバイルルーターを活用しやすい状況を後押ししているのが、格安SIMサービスの存在だ。格安SIMサービスが普及したことで、大容量の通信プランをリーズナブルに契約できるようになり、「Aterm MR04LN」が活躍できる場面が格段に増えている。「Aterm MR04LN」はSIMロックフリー端末なので、現在15社の格安SIMサービスを利用可能な点も見逃せないポイントだ(2015年10月30日現在。詳細は「Aterm MR04LN 接続確認済LTE/3Gサービス事業者リスト」を参照)。

 しかも、例えばスマートフォンは音声対応SIM、「Aterm MR04LN」はデータ通信専用SIMと使い分けることで、プランによっては大手キャリアの月額料金よりも安く抑えられる点もありがたい。「Aterm MR04LN」は2枚のマイクロSIMを挿せるデュアルSIMスロットを採用しているため、プライベート用、ビジネス用を切り替えながら使い分けることまで可能だ。

安心して高速通信を利用したいなら、
信頼度の高い定番「Aterm MR04LN」

 LTE対応モバイルルーターとして、NECプラットフォームズの「Aterm MR04LN」を選んだ理由はほかにもある。多くの製品がリリースされている中で、「Aterm MR04LN」は通信速度の速さ、機能の豊富さで他を圧倒する“最強”モデルであるからだ。通信機器の老舗として安心感の高い「Aterm」ブランドの主力製品だけあって完成度は高く、「Aterm MR04LN」は“鉄板”、“定番”のモバイルルーターとなっているのだ。次ページから、「Aterm MR04LN」をオススメする理由についてさらに具体的に解説していこう。

主なスペック
製品名 NECプラットフォームズ「Aterm MR04LN」
WAN側機能 LTE伝送速度 下り:最大150Mbps、上り:最大50Mbps
LTE-Advanced伝送速度 下り:最大300Mbps、上り:最大50Mbps
HSPA+伝送速度 下り:最大21Mbps、上り:最大5.7Mbps
HSPA伝送速度 下り:最大14Mbps、上り:最大5.7Mbps
WCDMA伝送速度 下り:最大384kbps、上り:最大384kbps

IEEE 802.11ac(2.4GHz/5GHz帯、最大867Mbps)、n(2.4GHz/5GHz帯、最大300Mbps)、11a(5GHz帯、最大54Mbps)、11g(2.4GHz帯、最大54Mbps)、11b(2.4GHz帯、最大11Mbps)
LTE周波数帯域(バンド) 2.1GHz(1)/1.8GHz(3)/1.5GHz(11)/1.5GHz(21)/900MHz(8)/800MHz(18)/800MHz(19)/700MHz(17)
無線LAN機能(5GHz帯) IEEE 802.11ac(最大867Mbps)、11n(最大300Mbps)、11a(最大54Mbps)
無線LAN機能(2.4GHz帯) IEEE 802.11n(最大300Mbps)、11g(最大54Mbps)、11b(最大11Mbps)
Bluetooth 2.4GHz帯、Version 4.0 Class 2対応プロファイル:PAN(PAN-NAP対応)、最大3Mbps
アンテナ LTE/3G/GPRS用(WAN用)送信1×受信2(内蔵アンテナ)、無線LAN用(WAN/LAN兼用)送信2×受信2(内蔵アンテナ)、
Bluetooth用(無線LAN兼用) 送信1×受信1(内蔵アンテナ)
インターフェース micro B USB端子(USB 2.0推奨、クレードルポート兼用)
UIMカードスロット UIMカード(マイクロSIM)×2
連続通信時間 Wi-Fiテザリング時約12時間、Bluetoothテザリング時約24時間
連続待受時間 休止状態時約250時間、休止状態時(リモート起動を使用しない場合)約1000時間、ウェイティング時約30時間
充電時間 約3.5時間(添付ACアダプター使用時)
セキュリティ マルチSSID、MACアドレスフィルタリング、ネットワーク分離機能、WEP、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(AES)など
便利機能 Bluetoothテザリング、らくらく無線スタート、らくらくQRスタート、WPS機能など
サイズ/質量 約幅63×奥行き111×高さ11mm/約111g(本体のみ)
付属品 ACアダプター、USBケーブルなど

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART