このページの本文へ

あなたはPCを何分で組めますか?ジサトラニコ生放送で奇跡の14分早組みが生まれた瞬間

2016年02月11日 15時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どもどもジサトライッペイです。

 自作PCは本当に簡単で、誰でも手軽にできる楽しい趣味なんだよーということを全国に広めるべく、2月6日に我々ジサトラ軍団はニコニコ生放送「ジサトラ出張編 グッドウィル豊橋店からPC自作生放送【デジデジ90】」をお届けしました。まだ、観ていない方はぜひタイムシフトでぜひご覧くださいませ。

出演はテクニカルライター 加藤勝明さん(左)、ジサトラ見習いのつばさちゃん(中央)、ジサトラのバイトリーダー イッペイ(右)
こちらがグッドウィル豊橋店さん。駐車場が広く、近くには大きなホームセンターなどがありました。どこか僕の故郷を思い出す風景でした

 初のニコ生出張で緊張しておりましたが、準備のため早めに店内に入った我々は一気に弛緩しました。というのも、店舗のフロア中央でステージや機材などの準備をしていてもお客さんが全然いらっしゃらなかったからです。

あれ?だいぶ告知したんだけどな?

「こりゃ放送が始まってもお客さん来ないかも……」

 と、別の意味でハラハラはしましたが、お客さんがいらっしゃらないならいらっしゃらないでいつもの雰囲気で放送できますので、肩の荷が降りた気がしました。しかし、一旦バックヤードにはけて、放送開始時刻である16時の5分前、ステージをのぞいてみると……

放送開始5分前には席が埋まり、立ち見のお客さんまでいらっしゃいました

「やばい!めっちゃお客さんいらっしゃった!」

 一気に緊張が高まります。ステージの袖まで移動し、「落ち着け~、落ち着けよ~」と心の中で唱えるも全然落ち着かず。興奮冷めやらぬまま、番組がスタート。

オープニングでつばさちゃんのツッコミに思いっきりリアクションすることで自信の緊張をほぐそうとする僕。だいぶイベント慣れはしているはずなのに、場所が違うとこうも緊張するものなのかと驚きました。緊張のあまり、生まれて初めてノリツッコミしてました……

 ステージに出るとふだんは画面の奥にしかいないお客さんが目の前に大勢いて一瞬で頭は真っ白。オープニングトークからかみまくりのつばさちゃん、言いたいことがふわっとしてつまってしまう僕、むしろゲストで出演したライターの加藤勝明さんのほうが落ちついているといった具合で、浮足立ちまくりのジサトラ軍団。

 しかし、トークが進行するにつれ、お客さんの温かい反応を見ていくうちに徐々に落ち着きを取り戻し、放送中でつばさちゃんが組んだPCは視聴者プレゼント、加藤勝明さんが30分で早組みしたPCは会場にいらっしゃるお客さんにプレゼントという番組趣旨を説明し、まずはPCパーツを選ぼうというコーナーに入ります。

笑顔がステキな店長のユースケさんと一緒にPCパーツを選んでいくつばさちゃん。

 僕の渡した必要最低限のパーツジャンルが書いてあるメモ通り、順調に自作PCに必要なパーツを選んでいくつばさちゃん。なんだかんだで、彼女も自作PCは3台目なので勘が働くようになっており、先輩としては成長が見られてうれしい限りでした。予算は15万円と伝えたのに、合計金額が20万円を超えており、なぜか一旦僕のクレジットカードで払うことになったのは誤算でしたが……。

 ちなみに今回選んだPCパーツは以下です。

●PCパーツ構成
CPU:インテル「Core i7-6700」(4コア/8スレッド)
マザーボード:ASUS「H170 PRO」(Intel H170)
メモリー:Corsair「Vengeance LPX」(DDR4-2133、8GB×2)
SSD:Crucial「BX200」(480GB)
光学ドライブ:パイオニア「BDR-209JBK」(BD-R/RE)
グラフィックボード:ELSA「GD970-4GERX」(GeForce GTX970)
電源ユニット:クーラーマスター「V750」(750W)
PCケース:クーラーマスター「CM690 III Green」(ATX)
OS:Windows 10 Home DSP版 64bit

総額20万424円

PCパーツはつばさちゃんが組むぶんと、その後加藤さんが早組みするぶんの2台分集めていきました。ちなみに加藤さんぶんのPCケースは同じものが店頭在庫になかったので、AeroCoolのAero-1000にしました

 PCパーツ選びが終わったら、いよいよつばさちゃんの生涯3台目となる生PC自作です。1台目も2台目も5~6時間かかったのですごく心配してましたが、お店の閉店時間を考慮し、制限時間60分というルールでスタート。

心なしかいつもより真剣に取り組むつばさちゃん。PCケース内でマザーボードとケーブルをいじる様子が様になってます。そうなんです。うちのつばさ、やればできる子なんですよ!

 過去の放送とは一体何だったのか考えたくなるぐらいスムーズに進むつばさ自作に驚いた方もいたんじゃないでしょうか? なにより僕も驚きました。結果、惜しくも完成まではいかなかったものの、60分手前であとはグラボとその補助電源ケーブルを挿して、映像ケーブルをディスプレーにつないでUEFIを出せば終わりというところまできてました。PCパーツ選びでだいぶ放送時間が押していたため、残りの作業は一旦編集部に帰り、後日YouTube動画でアップロードする(記事末からご覧ください)ことにして、本日のハイライト、加藤勝明さんの30分早組みPC自作に移行しようというところで、番組ディレクターからの無情なカンペに我々は絶句……

カンペ「時間ないので15分で早組みしてください」




嘘でしょ!!!!!!!?



 

タイマーを15分にセットするディレクター。一気に会場の熱気が上がります

 初見のPCパーツを30分で早組みするだけでもだいぶ辛いところなのですが、それを15分に短縮。この辛すぎる条件でいよいよ加藤勝明さんの挑戦が始まります。ちなみに15分で組めなかったら、なぜか僕がPCパーツ代を自腹で払うことになっております。勝明さん、後生だからマジで頑張って!

すさまじい勢いで組んでいくもきっちり裏配線までこなす勝明さん。あんたプロの鑑やで!

 組む前は「裏配線しなくてもいいよね?」と言いつつ、日頃のくせなのかがっちりきれいに裏配線までして、あっという間に組み立てが終了。あとは液晶ディスプレーにつないでUEFI画面が出ればOKというとこまできました。そしてスタッフが用意していた液晶ディスプレーにはなんとDisplayPort(DP)ケーブルが挿さっており、

「おい、これDPじゃねーかwwwwww」

と思わず悲鳴を上げる勝明さん。勝明さんは過去数々のイベントでDPを使ったデモで機材トラブルが頻発しており、日本一DPと相性の悪いライターとして有名なのです。そんなスタッフからジンクスを利用した粋なお邪魔もありましたが、いざつないでみると……

UEFIが出たーーーーーーーーーー!!!!!!!!

 会場もニコ生のコメントも割れんばかりの大歓声です。残りタイムは52秒。僕は感動のあまりに思わず抱きついて「あんた最高だよー!」という、後から改めて聞いてみるとなかなかに意味深なセリフで大絶叫しておりました。でも、あの奇跡的な瞬間はなかなか拝めるものではないので無理もありません。この調子で原稿の納品スピードも高速になってもらうと、イッペイめは大変うれしゅうございます。

 というわけで、「俺ならもっと速く組めるぞ!」という方、ぜひアスキーまでご連絡ください。いずれトーナメントでやったらすごくおもしろいと思うんですよね。“日本一自作PC”が速い人を決めましょうよ! まあ、実際速く組めてもメリットらしいメリットは思いつかないのですが、ただ単純にカッコよくないですか? PCがすごく速く組める人って。この無駄とも言えるカッコよさがすごく大事なような気がするのです。自作PCって。

番組後半のコメントでは、勝明さんを称え、愛称である“KTU”の弾幕が勝明さんが組んだPCは放送終了後、来場者プレゼントに。じゃんけん大会で見事勝ち取った篠山みづき(仮名)さん、大切に使ってくださいね~
この放送を記念し、全国70店舗あるユニットコムグループ系列のパソコンショップで、2月6日・7日の2日間、先着2名様限定で自作PCのKITを税別1万5000円割引しました。なお、グッドウィル豊橋店さんのみ特別に5名様割引にしてもらいました。店長さん太っ腹ですね帰りは豊橋駅構内にある、豊橋名物というカレーうどんを食べたんですが、これがかなりおいしかったです。底にとろろとごはんがあって、最後はカレー雑炊みたいになり、疲れた体にしみわたりました。豊橋に行かれる方はぜひ!

■関連サイト
ジサトラ出張編 グッドウィル豊橋店からPC自作生放送【デジデジ90】
延長戦開始!つばさのパソコン自作チャレンジ【ニコ生inグッドウィル豊橋】
グッドウィル豊橋店

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中