このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

Droboのサポート体制のしっかり度をプリンストンで確認!

2016年02月03日 11時00分更新

文● 飯岡真志 編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Droboの国内代理店であるプリンストン

Droboが欲しいけどサポートが気になる……、から聞いてみた!

 私事になるが、筆者がDrobo(Drobo FS)を買ったのは2011年のことになる。以来、「NASを選ぶならDroboオススメ!」と言い続けてDroboユーザーを増やそうとエバンジェリスト活動を行なってきた。知人にDroboを推薦した際に、ありがちな返答が「優れているのは分かったけど、海外の製品だからサポートが心配なんだよなぁ」であった。

 Droboにかぎらず、今どきの周辺機器は信頼性も高くなっており、そう簡単に壊れたりはしないが、それでもトラブルは起きるものだ。そういう場合に、英語でメールや電話をしてユーザーサポートと連絡とったり、場合によっては機器を海外まで送付して、戻ってくるまで月単位で待たされたり、というのを避けたいという気持ちは理解できる。

プリンストン 営業統括本部コーポレート業務担当 石井祐介氏

 国内で名の知れたプリンストンがDroboの代理店になったことで、その辺りの事情がどう変わったのか、「興味あるよね」とASCII.jpの編集と話をしていたら「じゃあ、急襲取材してみますか!」となり、プリンストンにおじゃますることとなった。Droboシリーズの製品を担当する営業統括本部コーポレート業務担当の石井祐介氏と、業務推進統括部テクニカル部データソリューション課の和田彰久氏に話を伺った。

Drobo担当のお二人から話を聞く筆者。5年前からDroboを愛用するDroboエバンジェリストだ

Droboのためのサポートチームを用意

――プリンストンが2014年10月にDroboの代理店となり、1年強が経ちました。Drobo製品の取り扱いを始めるにあたって、どのようなサポート体制でのぞまれたのか教えてください。

プリンストン 全社的なサポート窓口として、ユーザーからの電話を受けるコールセンターが既にありましたが、加えて技術サポートを担うDrobo専任のチームを作りました。さらに、社内に検証スペースも用意しています。


 

(次ページ、「サポート向上の鍵はDrobo社との頻繁な情報交換」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART