このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII STARTUP 今週のイチオシ! ― 第7回

ARでかめはめ波 ごっこ遊びをエフェクトでリッチにするHADOがおもしろい!

2016年01月22日 07時00分更新

文● ガチ鈴木/大江戸スタートアップ 撮影●曽根田 元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドラゴンボールのかめはめ波、ロールプレイングゲームの魔法、ヒーローがくり出す技の数々。ディスプレーの中でド派手にエネルギーが光り輝く必殺技を、誰もが子供のころに真似して、ごっこ遊びしたことだろう。そんなごっこ遊びを現実にしようとするスタートアップ企業がある。AR(Augmented Reality:拡張現実)システム『HADO』(ハドー)を開発するmeleap(メリープ)だ。

 HADOは、センサーを搭載したアームバンド型ウェアラブルデバイスと、スマートフォンをゴーグル化させたヘッドセットを頭部に装着して、現実世界上にARを表示させるシステム。腕の動きからモーションセンサーが認識し、数々のエフェクトが頭部のディスプレーにARで“リアルタイム”表現される。体を使ったアクションで、まるで自分が魔法を放つかのような、リアルとヴァーチャルが融合する体験ができてしまう。

 今回、話を訊いたmeleapの福田浩士CEOのビジョンは「ヒザがガクガク震えるほどの面白さを創造する」こと。世界を圧倒的におもしろくしたいと、新しいエンターテインメントの世界を創り出そうとしている。

meleapの福田浩士CEO

HADOのプロモーション動画

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事
ピックアップ