このページの本文へ

世界レベルで起きた事件だけに各国の対応も注視

Uber、5700万件の個人情報流出を隠蔽か

2017年11月28日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Uber

 米Uberは21日(現地時間)、2016年に顧客やドライバー5700万件の個人情報が流出していたことを明らかにした。またロイターなどの報道によると、Uberはこの事件を隠蔽するためにハッカーに対し10万ドルを支払っていたという。

 流出した個人情報は世界中のUberユーザーおよびドライバーの名前や電子メールアドレスなど。とくに問題とされているのは意図的に事件隠蔽を図った点で、これを規制する法律は国によって異なるものの、英国や米国、オーストラリアやフィリピンなど各国の規制当局が問題の検討を進めるようだ。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談