このページの本文へ

元朝日新聞社 古田氏が編集長に就任

BuzzFeed Japan創刊、「広告もPVも重要視しない」

2016年01月20日 19時40分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米Buzzfeed ベン・スミス編集長(左)と、Buzzfeed Japan創刊編集長 古田 大輔氏(右)

 1月20日、「BuzzFeed Japan」正式公開に関する記者発表会が開かれた。

 BuzzFeedは、SNS上でシェアされる(いわゆる「バズる」)記事を中心とするニュースメディアだ。自社サイト上のみならず、Facebook、Twitter、InstagramなどSNS上でも記事を読ませてシェアを誘導する「クロスプラットフォーム」の採用を特徴とする。その日本版となるBuzzFeed Japan編集長をつとめるのは、2002年から13年間、朝日新聞社で記者・編集者を務めてきた古田 大輔氏だ。

 古田氏は「“なぜ新聞社からネットメディアに入ったのか?”とよく尋ねられるが、それは新聞が嫌いになったわけではなく、BuzzFeedの考え方に共感したからだ」と語る。「幅広いコンテンツ制作力」「最先端のテクノロジーと戦略」「グローバルに共有する理念」がBuzzFeedの強みであり、共感した部分であるという。

BuzzFeedについて。従業員数は全世界合計で1300人を超える

 BuzzFeedではほぼすべての記事を編集部で作成することを前提に、「シリアスなものからシュールなものまで」幅広く話題を扱う。その支えとなるのは、記事がどのようにシェアされ、どの段落までその記事を読んだかといったデータを解析する技術だ。そこから得た情報は各国のBuzzfeedで共有し、議論することでよりよいコンテンツ配信方法を模索するのだという。

 また、古田氏は創刊と同時に公開した記事(「原発事故に節目はあるのか? 廃炉調査ルポ」)を例にとり、「これは8000字を超える記事だが、ページ分割も広告もない」とコンテンツ配信方法へのこだわりを見せた。「成功の指標はPV(ページ閲覧数)だけではない」「どれだけ世の中に影響を与えられるかが重要。楽しくて信頼され、シェアされるメディアを目指したい」と意気込む。

創刊にあたり、各国BuzzFeed共通の編集ガイドラインを公開。「広告側が記事内容について意見することは認めない」とする
「知る楽しみと信頼性のあるコンテンツなら、必ずシェアされる」(古田氏)

 最後に、「競合相手はどのメディアか」との質問があった。古田氏は「メディアに限らず、ゲームやSNSなど、スマートフォンで使われる上のサービスすべてが競合となる」と回答した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART