このページの本文へ

銀河中心部のブラックホールと合体・成長する銀河成長シナリオの強力な証拠

この銀河では2番めとなるサイズのブラックホールが銀河中心域で発見される

2016年01月18日 11時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
分子雲の中のブラックホールとそれを周回するガス雲の想像図

 慶應義塾大学は1月15日、天の川銀河の中心領域に、この銀河では2番目に大きなブラックホールが存在する痕跡を発見したと発表した。

 多くの銀河は中心に巨大ブラックホールを持つことが最近の研究で分かってきているが、その形成や成長のメカニズムには未解明の部分が多い。天の川銀河中心にある超巨大ブラックホールは「いて座A*(エー・スター)」と呼ばれているが、今回発見されたブラックホールは中心から約200光年離れた分子雲内にあると推定される。

 これは国立天文台の野辺山45m電波望遠鏡と、国立天文台ASTE10m望遠鏡を用いた観測結果の分析。分子雲のガス分布や運動を測定してモデル化。中心部にきわめて大きな速度を持つ部分があることから、巨大な点状重力源に雲が落ち込み、周回して離れる動きをしていると見られる。この部分に明瞭な天体が確認できないことから、ブラックホールである可能性が高いという。

分子雲のスペクトル成分からその密度や速度を推定した

 銀河中心部にあるブラックホールは数100万太陽質量と考えられているが、今回発見されたブラックホールは10万太陽質量と推定されており、サイズ的には一桁小さな中規模ブラックホールということになる。

 中規模ブラックホールの発見は、多くの銀河の中心にある巨大ブラックホール形成シナリオにおいて、ブラックホール同士の合体と成長という理論を支持する重要な観測結果となる。また、星間ガスの運動からさほど活動的でない(強力なX線ジェットなどで輝いていない)ブラックホールを検出の手法を見出した点に大きな意義があるという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART