このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第51回

「メッセージング」サービスもSkypeに対応

Windows 10で「Skypeビデオ」が勝手にインストールされた?

2015年12月28日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Skypeビデオ」がインストールされている。「Skype」アプリはインストールをすすめられる

調査依頼
Windows 10で「Skypeビデオ」が勝手にインストールされた?

 Windows 10 バージョン1511で、「Skype」が統合された。「Skypeビデオ」アプリが搭載され、「メッセージング」アプリでもSkypeメッセージを送受信できるようになった。これまでどおり、Skypeのデスクトップアプリやストアアプリも公開されているが、特にアプリをインストールしなくてもSkypeでのコミュニケーションが可能だ。

Skypeの着信があると、統合された通知が表示される
新着メッセージも表示され、通知領域内から直接返信できる

 OSに統合されているため、OSの通知画面で着信や新着メッセージを教えてくれるのが◎。アプリを起動していなくても受信できるので、見逃さずに済む。さらに、通知から直接通話を開始したり、メッセージに返信できるのも便利だ。


これでズバッと解決!

 バージョン1511へのアップグレードで自動的にインストールされた。「メッセージング」サービスもSkypeに対応している


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン