このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第50回

「プライバシー」設定からオフに

Windows 10が裏で送信している情報を遮断したい

2015年12月27日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「設定」の「プライバシー」→「全般」で、入力情報などの送信をオフにできる

調査依頼
Windows 10が裏で送信している情報を遮断したい

 Windows 10ではいろいろな情報が知らないうちにマイクロソフトに送信されている。もちろん個人情報そのものは、送られていないので心配は無用。とは言え、エラーの情報や検索履歴、現在位置情報、入力した情報などが送信されており、気持ちが悪いと感じる人もいる。これらの設定は、「プライバシー」からオン・オフできる。

「フィードバックと診断」では、インストールしたアプリやWindowsの状態、トラブルの状況などの送信をオン・オフできる
Destroy Windows 10 Spyingで、情報の送信を止める

 さらに、専門家が調査したところ、プライバシー設定をオフにしていても、バックグラウンドで情報が送信されているという報告が出ている。どうしても気になるなら、「Destroy Windows 10 Spying」を利用しよう。Windows 10がバックグラウンドで送信する通信を、根こそぎ遮断してくれるフリーソフトだ。

適用する設定は「設定」タブで変更できる
元に戻す場合はシステムの復元を利用する

 いざというときに元の状態に戻せるようにバックアップはキチンと取っておくこと。アプリを実行したら、Desroy Windows 10 Spyingをクリック。しばらく処理が行われ、PCを再起動したら適用される。元の状態に戻す機能は備えていないので、システムの復元機能を利用しよう。


これでズバッと解決!

 「プライバシー」設定からオフにする。それでも安心できないなら、「Destroy Windows 10 Spying」を利用しよう


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART