このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第44回

Insider Previewの時とインストール方法は異なる

Windows 10 IoTのインストール方法を教えて

2015年12月13日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

ワンボードコンピュータと機動に必要なデバイスを準備する

調査依頼
Windows 10 IoTのインストール方法を教えて

 Windows 10 IoTは無料でインストールできるが、個人で楽しむなら「Rasberry Pi 2」や「MinnowBoard Max」といったシングルボードコンピュータを利用するのが手軽。今回は、「「真似したくなるPC活用術」 第199回 Raspberry PiにWindows 10 IoT Coreをインストールする技」で紹介したように、「Raspberry Pi 2」と8GB以上のmicroSDカード、microUSBの電源ケーブル、マウス、キーボード、有線LANケーブル、HDMIケーブル、ディスプレイなどが必要になる。

マイクロソフトのサイトからセットアップファイルをダウンロードする
セットアップウィザードを起動する
microSDカードにインストールファイルをセットアップする

 Insider Previewの時とインストール方法が変わっているので注意が必要だ。まずは、マイクロソフトのサイトから「Windows 10 IoT Core Dashboard」をダウンロードし、setup.exeを実行する。「新しいデバイスのセットアップ」からデバイスの種類やmicroSDカードを指定して、「ダウンロードとインストール」をクリックすると、イメージファイルをネットからダウンロードしてインストールメディアを作成してくれる。

ワンボードコンピュータにmicroSDカードを装着して起動すると、Windows 10 IoTが起動する
チュートリアルが用意されている
同じネットワークにつながっている他の端末から、アクセスできる。IDはAdministrator、パスワードはp@ssw0rd

 後は、Raspberry Pi2に作成したmicroSDカードをセットして起動すればいい。初回起動時は、セットアップ処理が行われるので少々時間がかかる。起動したら、IPアドレスが表示されるので、他の端末からアクセスして設定などを行える。

Windows 10 IoTの設定画面が開く

これでズバッと解決!

 マイクロソフトのサイトから「Windows 10 IoT Core Dashboard」をダウンロードし、setup.exeを実行する。Insider Previewの時とインストール方法が変更されているので注意すること


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART