このページの本文へ

アスキー編集者の「ひさびさ」日記 ― 第2回

iMacという未来が家に来たことを、ひさびさに思い出した

2015年12月03日 09時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
12歳の思い出を再現。当時でも、もうちょっと漢字を使えたような記憶はありますが……。

 ひさびさに家に帰ると、昔の思い出がそのまま残っていたりします。

 先日、実家に帰ると、自分の部屋がきれいに片付けられていました。いつ帰ってきても、僕が使えるようにするため(作業をしたりベッドで寝たり)という親の配慮です。ふと机の横を見ると、なにやら大きいダンボールが、どっかりと存在を主張していました。それが目に入った瞬間、僕は思わず声を上げてしまったのです。

「あっ、iMacだ!」

ボンダイブルーの未来が家にやってきた

ボンダイブルーのiMac。このビジュアルは本当に斬新でした。周辺機器メーカーも、なんとかこのカラーリングを真似ようとしていましたね。

 1998年、12歳の誕生日プレゼントに買ってもらったのが、ボンダイブルーの初代iMacでした。

 雑誌ではじめてiMacを見たときの衝撃を、忘れることはできません。コンピューターといえば地味なグレー系……という固定観念を破壊するような、ボンダイブルーと半透明の白のツートーンカラー。パソコンともテレビともつかぬ、近未来的で、キュートな形状。

 なんだこれは? パソコンなの? 「あいまっく」? マッキントッシュってやつか? しかし……とにかく……これは……欲しい……!

 実家が歯科医だったので、家には事務用のコンピューターがありました。それを見るたびに、自分のパソコンが欲しいとうっすら思っていたのです。そこに現れたのが、あまりにも斬新なiMacでした。WindowsとMacintoshの違いすらよくわからない自分にとっても、ただただ「欲しい」パソコン。

 子供に買い与えるには、決して安いものではありませんでした(確か18万円弱だったと記憶しています)。しかし僕は、両親の前で必死に拝み倒し、これからパソコンの時代だ、いろんなことに使い倒すから……と頼んで、頼んで、やっとOKをもらったのです。

 そして誕生日の当日。帰宅した僕の部屋の上に――おそらく両親が子供には難しいと判断し、電器店のスタッフがやってくれたのでしょう――セットアップ済みのiMacが置いてあったのです。

 あの瞬間のワクワクは、未だに忘れられません。オレンジ色の夕日が、カーテンの隙間から射し込んで、iMacのボンダイブルーを照らしています。僕は急いで駆け寄り、電源ボタンを押しました。「ジャーン!」というMac特有の起動音が、鼓膜を小さく、しかし確かに揺らしました。

 もう、夢中になりました。フォルダーを作る、ゲームをプレーする、壁紙を替える。それだけのことが、12歳には新しかった。初めてインターネットに繋ぐときに、電話線を挿して、スピーカーから「ピーヒョロロー、ビィーンビィーン……」という音が聞こえた瞬間など、自分が新しい世界に繋がっていくような感動さえ覚えたものです。

Mac OS 8.5が出たときも、わけがわからないのに、いそいそとインストールしました。目玉機能「Sherlock」は、ファイルや情報の種類ごとにプラグインを提供し、それぞれ最適な条件設定や結果の表示方法を実現するもので……とはいえ、当時は何がすごいかよくわかっていなかったのですが。

 こんなこともできるんだ。あんなこともできるんだ。丸いマウス(iMacのマウスは本当に丸かったんです)とトランスルーセントのキーボードがくたくたになるまで、毎日、触っていました。

 もっとも、当時の僕は、何も知りませんでした。スティーブ・ジョブズの名前も聞いたことがありませんでしたし、フロッピードライブがないことも、インターフェースがUSBしか見当たらないことも、「そういうものか」としか思っていませんでした。幼かったですね。

初代iMacのインターフェースは、いま見てもシンプルです。

 そんな過去を思い出しながら、28歳の僕はiMacを箱から出し、軽く二、三度撫でたあと(そういう気分にさせるデザインなんです)、母親に聞きました。どうして、これはそのままにしてあるの?

「だって、これはねえ。捨てられないでしょ。かわいいもの」

 母も、iMacを無機質な機械ではなくて、なんだかかわいいもの、という認識を持っていたようでした。コンピューターに興味がない家族にも、特別な印象を与える外見なんですね。

そのあとカラバリはおろか、花柄まで出たiMac。まだ幼い僕は、それを当然と思っていましたが、今にして思えば革新的でした。

ワクワクするお買い物を、ひさびさに

 それから、20年近く経ちました。iMacは銀色になり、自分のメインマシンはMacBook Pro。おそろしい進化です。でも、あのボンダイブルーの輝きは、今も自分の中で色褪せません。

今ではiMacは5Kディスプレーモデルまであるんです。これも欲しいなあ……。だって、5Kですよ。5K。

 アスキーで働いていると、膨大な量のPCを目にします。もちろん、スマートフォンも、タブレットも、周辺機器も、その他たくさんのモノも……。そして、いい製品、アツい製品を見たときには、ワクワクします。欲しい、と思います。触りたい。いじってみたい。自分のものにしたい。

 その気持ちは、iMacを初めて見て、買って、使っているときの12歳のときの僕と、変わらないように思えます。そんなワクワクを探して、今もアスキーで仕事をしているといってもいいかもしれません。

 実家でひさびさに触ったボンダイブルーのiMacは、ひさびさに当時の感動を思い出させてくれました。あれは単なるパソコンではなくて、12歳の少年に夢を見せてくれた、半透明の未来だったのです。

 ひさびさといえば、週刊アスキーもひさびさに紙の雑誌を発売中です。しかも、みんな大好き、お買いもの特集。ぜひお手にとって、どれを買っても間違いなし、な逸品たちをチェックしてみてください。見たときのワクワク、買ったときのワクワク、使っているときのワクワクを、みなさんにも堪能してほしいと思います。(購入はこちら

スマホも家電もPCもこの1冊で決まり
『週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号』


■収録特集例
「2016年今買うデジギア84」
「格安SIM&スマホ購入活用術」
「Windows10最強TIPS特選集」
「iPhone 6s&iOS 9徹底解説」など

■特別付録
「僕たちの大好きなLINEを256倍楽しくする本」

■判型:A4変
■ISBN:978-4-04-865631-3
■発売:2015年11月30日(月)
■定価:本体639円+税
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART