このページの本文へ

Intel「NUC5PGYH」

買ったらすぐに使えるWindows 10搭載のPentium版NUC

2015年11月21日 22時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUにTDP 6WのBraswell版「Pentium N3700」を採用するインテルの小型ベアボーン“NUC”に、Windows 10をプリインストールした「NUC5PGYH」(型番:BOXNUC5PGYH0AJ)が登場した。

Windows 10をプリインストールしたインテルの小型ベアボーン“NUC”「NUC5PGYH」(型番:BOXNUC5PGYH0AJ)が登場

 インテルの小型ベアボーン“NUC”シリーズにWindows 10搭載モデルが登場した。DDR3L 1600 SO-DIMM 2GBと32GB eMMCが標準搭載され、購入後すぐにPCとして利用可能だ。

 基本スペックはベアボーンとして販売中の「NUC5PPYH」(型番:BOXNUC5PPYH)と変更なし。CPUに4コア、周波数1.6GHz(tb時2.4GHz)、キャッシュ2MBの「Pentium N3700」を搭載。VGA機能はCPU内蔵のIntel HD graphicsで、D-Subと4K解像度に対応したHDMI出力を装備する。

DDR3L 1600 SO-DIMM 2GBと32GB eMMCが標準搭載され、購入後すぐにPCとして利用可能だ

 本体サイズは115(W)×111(D)×51.6(H)mmで、2.5インチSSD/HDD(9mm厚)×1を搭載可能。メモリーはDDR3L SO-DIMM×1(DDR3-1600、最大8GB/2GB搭載済み)、ギガビットイーサネット、IEEE 802.11ac/b/g/n+Bluetooth4.0、サウンド、USB 3.0×4、SDXCスロット×1などを備える。そのほか、付属品は65W ACアダプターやVESAマウントブラケット、海外プラグ変換など。

 価格はテクノハウス東映で3万6980円、パソコンショップアークで3万7584円、ドスパラ パーツ館で3万8221円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中