このページの本文へ

背面タッチパッド!ビジネスに便利なユニーク機能のWin 10タブが発売

2015年11月20日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 背面にタッチパッドを搭載するという、ユニークな仕様のWindows 10タブレット「CLIDE W10A」がテックウインドから発売。パソコンハウス東映とBUY MORE秋葉原本店にて販売が始まっている。

テックウインドから10.1型のWindows 10タブレット「CLIDE W10A」が発売。最大の特徴は、端末の背面に搭載したタッチパッドだ

 きわめて珍しい機能といえる背面タッチパッドは、主にビジネス向け用途を想定した装備だ。画面を隠さずに閲覧できることから、接客や商談時には相手に画面を見せながら操作できる。また、プロジェクターを使ったプレゼンでの2画面出力時にも、マウスを使うことなく拡張画面側をタッチパッドで操作可能だ。

 OSはWindows 10 Homeをプリインストール。ディスプレーは1920×1200ドットの10.1型IPS液晶を採用し、プロセッサーはIntel Atom Z3735F(最大1.83GHz)、メモリー2GB、ストレージは64GB eMMCを実装する。

 また、製品にはタッチパッドとスタンド機能を搭載する専用キーボードが付属、ノートPCスタイルで使用することもできる。

液晶解像度はWUXGAに対応、Atom Z3735Fや2GBメモリーなどを搭載。背面タッチパッドに加え専用キーボードも付属するなど、ビジネス向けに活躍する端末といえる

 そのほか、フロント・リアに200万画素のカメラを備えるほか、Bluetooth 4.0と無線LANのネットワーク機能を搭載。インターフェースはフルサイズのUSB2.0×1、microUSB2.0×1、最大128GBに対応するmicroSDスロット、miniHDMIなどが用意されている。

 パソコンハウス東映とBUY MORE秋葉原本店にて、それぞれ3万5424円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART