このページの本文へ

テックウインドから来年発売

80年代のパソコンを思い出す、キーボード一体型パソコン

2015年12月15日 16時43分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
テックウインド「キーボードPC WP004」。スペースキー右にあるのはタッチパッドだ

 1980年代、ホビー用途を中心とした個人向けパソコンというと、本体の上にキーボードを載せた製品が割と一般的だった。これを一般家庭のテレビやCRTなどにつないで使用するスタイル。その後、性能の向上とともに、本体部分とキーボード部分が分離した形に進化し、現在ではディスプレーの側に本体が入っているタブレットや一体型機が当たり前になっている。

 そんな昔話をなんとなく思い出したのが、テックウインドの「キーボードPC WP004」。昔懐かしい、キーボード一体型のWindowsパソコンだ。

 教育現場やデジタルサイネージ用途を想定。発売は2016年1月中旬を予定しているとのこと。

 もちろん時代は進歩していて、Windows 10を搭載。製品の表面積が広い分、小型デバイスと比較して放熱性に優れており、冷却ファンも不要とのこと。ほぼ無音状態で稼働するため、静音性を求める環境に最適だそうだ。また、パソコンとキーボードが一体化しているため、今までパソコンを置いていた専有空間を有効活用でき、特に限られたスペースでの利用においてその真価を発揮する。つまり、簡単に片付けられるPCなのだ。

端子の豊富さも通常のノートPCと同等

 結構薄いのに、アナログRGB出力やHDMI、Ethernet、USB端子×2、microSDカードリーダーなどを搭載している。

 意外と便利じゃんと思えるこのパソコン。発売が楽しみだ。

主なスペック
型番 WP004-WH/WP004-BK
CPU Atom Z3735F
メモリー 2GB(DDR3L)
キーボード フルサイズ86キー日本語キーボード
トラックパッド 搭載
ストレージ 32GB
無線LAN あり(IEEE 802.11 b/g/n)、Bluetooth 4.0 LE)
OS Windows 10 Home 32bit
ホワイト・ブラック
重量 約288g
サイズ 幅287×奥行き125mm×厚さ26.5mm

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART