このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第26回

優勝賞金は2000万円(チームひとりあたり500万円)

無料のスマホゲームで賞金総額5000万円の大会が開催って夢がありすぎるよね

2015年10月13日 15時32分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モンスターストライク(モンスト)は今月10日、「モンスト2周年記念 "超・超絶"感謝祭 in nicofarre」にて「モンストグランプリ 2016闘会議CUP」を開催すると発表した。
 本大会はモンスターストライクのスピンオフアプリ「モンストスタジアム」(iOS/Android)をとおして行なわれる。賞金総額5000万円、優勝チームには2000万円(チームひとりあたり500万円)という額だけで見ても非常にインパクト抜群な大会だ。

 12月より全国各地で予選大会が行なわれ、決勝大会は来年1月31日に幕張メッセにて開催する「闘会議2016」で行なわれる予定だ。本大会における開催場所、日程、参加概要は以下となっている。

開催場所・開催日程
・12月6日(日) 中部地方予選(イオンモール名古屋茶屋)
・12月20日(日) 関西地方予選(イオンモールりんくう泉南)
・12月27日(日) 北海道地方予選(イオンモール札幌平岡)
・1月10日(日)九州地方予選(イオンモール福津)
・1月予定 関東予選大会(後日発表)
・1月31日 決勝大会(幕張メッセ)
参加資格
1、18歳以上(高校生不可)
2、「モンスターストライク」および「モンストスタジアム」(モンスタ)をインストールしている方
大会エントリー開始日
11月上旬予定
賞金
総額5000万円
優勝チーム:2000万円(チームひとりあたり500万円)
準優勝チーム:1000万円(チームひとりあたり250万円)
3位チーム:600万円(チームひとりあたり150万円)
※対象は準決勝で敗退した2チーム
ベスト8敗退チーム:200万円(チームひとりあたり50万円)
※対象はベスト8で敗退した4チーム

e-sports促進のため、賞金額でインパクトを与える

 本大会について発表時にはモンストのプロデューサーである木村弘毅氏、一般社団法人e-sports促進機構理事長 浜村弘一氏が登壇したのだが、浜村弘一氏は「日本国内におけるe-sports促進のため、インパクトのある賞金にした」と言った。世界に目を向ければe-sportsはメジャーな“競技”のひとつになっているが、国内ではまだまだ普及されたとは言いがたい。ゲームジャンルとしても「FPS」や「MOBA」といったモノが主流だ。

モンスト プロデューサー 木村弘毅氏
一般社団法人e-sports促進機構理事長 浜村弘一氏

 そんな中、飛び出してきたのがモンストなのだ。基本無料で遊べるというゲームという点、スマートフォン向けのアプリゲームという点、そして賞金総額。どれをとっても驚きだ。スマホゲームで賞金がかかった大会はモンストが初ではないが、賞金がここまで大きいのは初だろう。

モンスト(モンスタ)を始めるのは今からでも遅くない

 「よっしゃ!俺もいまからモンストやるわ!」という人も中にはいるかもしれない。大会が2ヶ月後から始まるが、正直なところ今から始めても遅くはないと思える。と、言うのも「モンスト」と「モンスタ」は厳密に言えば別のゲームだからだ。一応書いておくが、モンスタでは自身のモンストのアプリデータを同期させてプレイする。
 モンストに関してはご存知のとおり、育成して降臨クエストなど難易度の高いステージを攻略していくのだが、モンスタは特別なクエストをいかに速く攻略できるかを競うゲームだ。さらに、今回は4人でチームを組むということで、それぞれ1体ずつモンスターを出し合う。投げやりな言い方をすれば「使えるモンスターを1体だけ育てれば良い」ということだ。
 ただし、実際に予選や決勝大会でどんなクエストで競うのかはまだ不明なため、「このモンスターが最強!」というのはわかるはずもないが、おそらく事前に発表されるであろうクエストに最適なモンスターを入手できればチャンスはある。育成の手間暇も今ではそこまで大変ではない。そもそも、最適なモンスターを入手できるかどうか、というところが一番の鬼門ではあるが…。
 いずれにせよ、詳細が判明したら賞金めがけて使えそうなモンスターを絞って育成すれば良いだけだ。いつ始めても遅くはないと思う。モンストをやりこんでいる人のほうが育成や知識面で有利なのは変わらないが、今から始める人がノーチャンスではないはず。

無料のゲームで賞金まで貰えるなんて夢がありすぎる

 さすがに賞金総額5000万円ということには筆者も惹かれる。モンストのプロデューサーである木村弘毅氏も「プロゲーマーに転職したい」と言うほど。優勝チームには2000万円が贈られ、ひとりあたり500万円貰えるのだが、欲しくてたまらない。なんだかこんな書き方をすると語弊があるかもしれないが、500万円欲しい。
 基本無料のスマホゲームで、遊ぶだけでも十分なのにお金まで貰える可能性があるなんてまさに夢のようだ。
 筆者もどうにかメンバーを集めて大会に出場したい。仮に賞金を獲得できた場合はさすがに自分の懐にお冷めちゃっていいんですよね。そもそも、闘会議の取材はゲーム担当である筆者が行くということは確定事項だろうが、31日は予定が入りそうなので考慮してください、うちの編集部の偉い人。

モンスターストライク
メーカー:XFLAG
価格:無料(ゲーム内課金あり)
対応OS:iOS/Android

■関連サイト
モンスターストライク

(C)mixi, Inc. All rights reserved.

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社