このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第22回

デジタルコンテンツ(壁紙やSNSアイコン)をもれなくプレゼント

iOS向けアプリのシリアルコード問題でモンストが代替案を発表

2015年10月08日 06時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モンスターストライク(以下、モンスト)は本日7日、今年9月よりiOS向けに廃止していたシリアルコード入力フォームの代替案を発表した。(外部サイト
 iOS向けのシリアルコードでもらえるはずだったゲーム内アイテム、キャラクターではなくなり、デジタルコンテンツ(壁紙やSNSアイコンなど)を受け取れるように変更となる。

今年の夏はモンストづくしだった

 今年の夏、スマホゲームの話題を総なめにしたのはモンストで間違いない。8月2日に開催したモンフェスにしろ、シリアルコード廃止にしろゲーム内だけでなく、ある意味リアルでもビッグニュースが飛び交った。

 モンフェスについてはすでにモンスト公式サイトやmixiコーポレートサイトにも書いてあるので割愛するが、シリアルコードに関してはユーザー(今回はiOSユーザー)にとっては死活問題といっても過言ではない。
 公式サイトに掲載しているニュースを振り返ると以下の内容だ。(外部サイト

・8月29日、iOS端末からシリアルコード入力フォームの利用を停止
・9月11日、Appleのガイドラインに基づき、シリアルコードを利用した機能を終了(Android端末はこれまでどおり利用可能)
・9月16日、iOS端末からはシリアルコードを利用したゲーム内アイテムが受け取れないので、代替案としてデジタルコンテンツとの引き換えで対応する
・10月7日、デジタルコンテンツを受け取るための入力フォームをオープン

モンスト シリアルコード代替案
デジタルコンテンツの入力はiOS端末から公式サイトにアクセスし、ページ下部にある
モンスト シリアルコード代替案
フォームではモンストのユーザーIDとシリアルコードの入力、そしてデジタルコンテンツを選択可能

 要するにAppleのガイドラインでシリアルコードが使えなくなり、その代案として手元にあるシリアルコードはSNSアイコンや壁紙に使えるよ!ということだ。
 そう、仮にゲーム内アイテム「オーブ」5個もらえるシリアルコードがあったとしても、それは壁紙に変わるということ。また、Android端末に関しては従来どおりのシリアルコードでゲーム内アイテムなどを受け取ることができる。

ゲーム内アイテムは全部メールでお願いします

 モンストはニコニコ生放送、YouTubeでも勢力的に活動しているということはモンストユーザーなら知っているはずだ。今までモンストの放送では毎度のごとく放送終了時に「オーブ」などをシリアルコードで配布していた。
 シリアルコードで配布していた理由としては“その放送を実際に観た人だけにあげる”という意味も込めているのだろう(実際にはSNSでも拡散されていたが)。

 対して、モンストと最も比べられるのがガンホー・オンライン・エンターテイメントの『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)だ。こちらはモンストの放送開始以前から生放送でもモンスト同様にゲーム内アイテムを放送特典として配布していたが、こちらはシリアルコードではなくゲーム内のメールに全ユーザーを対象として配布される場合がほとんど(特別なダンジョンで配布もあった)。

 放送における特典部分の根源でモンストとパズドラの方針は違ったようだが、配布する形式を何で行なっていたかが今回のニュースの重要なポイントだろう。最近ではモンストもメールに届くようにしているようだが、今後も仮にゲーム内アイテムなどを配布するのであればメールで実装していただきたい。

シリアルコード問題の余波は事前登録にまで

 最後にではあるが、筆者が最近気がついたシリアルコード問題の余波について。
 「やっと気がついたのかよ!」と思われるかもしれないが、シリアルコードは今遊んでいるゲームに使うだけではない。何が言いたいのかというと、スマホゲームの事前登録で貰えるコードも廃止されたということだ。

 まだ配信前のスマホゲームを配信開始時に手元の端末に通知のくる事前登録システム。公式サイトや各種事前登録受付サイトで登録できたのだが、こちらで多くのスマホゲームが配布していたのがシリアルコードだ。
 事前登録特典としてゲーム内アイテムを貰えるなどが主であったが、今回のシリアルコードの問題で大半の事前登録からアイテムプレゼントなどが無くなった印象がある。その変わり「事前登録○万人突破でゲーム内アイテムプレゼント!」などとサービス開始後にゲーム内のメールにアイテムが届くようにしているゲームも登場した。
 モンストがすべてではないが、今回のシリアルコードの問題にモンストが絡んでいるということは間違いない。ちなみに招待コード云々も同様だ。

 モンストは10月10日で2周年。筆者もひとりのモンスト好きなユーザーとしてこれからの展開や活躍に期待している。アニメも放送始まるからみんな見よう!(シリアルコードは無いと思うが)

モンスターストライク
メーカー:XFLAG
価格:無料(ゲーム内課金あり)
対応OS:iOS/Android

■関連サイト
モンスターストライク

(C)mixi, Inc. All rights reserved.

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社