このページの本文へ

サイズ「小太刀 Revision B」

高さ34mmのロープロファイル対応CPUクーラーがサイズから

2015年08月06日 23時31分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから、高さ34mmのロープロファイル型CPUクーラー「小太刀 Revision B」(型番:SCKDT-1100)が登場。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

高さ34mmのロープロファイル型CPUクーラー「小太刀 Revision B」

 「小太刀 Revision B」は、その名の通り昨年6月に発売された「小太刀」(型番:SCKDT-1000)のマイナーチェンジモデル。対応ソケットにAMD AM1が追加されたのが特徴だ。

 そのほか、冷却ファンをヒートシンクの下に配置する「ステルスファンマウント構造」(S.F.M.S:Stealth Fan Mounting Structure)を採用する点は変わらない。

 主なスペックは、ヒートパイプは6mm径×2本。搭載ファンは、回転数800~3300rpm、騒音値8.2~32.5dBA、風量6.0~24.82CFMの80mm(10mm厚)のPWMタイプ。全体サイズは、82.5(W)×95(D)×34(H)mmで、重量は180g。価格は3650円だ。

冷却ファンをヒートシンクの下に配置する「ステルスファンマウント構造」採用の独特なスタイルだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中