このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第200回

ワイヤレスで撮影写真を転送できる「Eye-Fi Mobi Pro」を活用する技

2015年07月29日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デジイチやミラーレスカメラで撮影した写真を、どうやってPCやスマホに取り込んでいるだろうか。頻繁に撮影する人だと、SDカードを取り外してカードリーダーで読み込んだり、USBケーブルで接続して取り込むのは手間がかかる。今回は、Wi-Fi機能を内蔵したSDカードを使い、ワイヤレスで撮影した写真を転送する技を紹介しよう。

「Eye-Fi Mobi Pro」を装着したカメラで撮影すると、PCやスマホにワイヤレスで写真を転送でき、その場で写りを確認できる!

デジイチで撮影した写真をワイヤレスでスマホに転送する

 旅行先などで、デジイチやミラーレスカメラで撮影した写真をスマホに取り込みたいことがある。せっかくデジイチで撮っているのに、SNSにアップするためにスマホで撮り直し、というのは萎えてしまう。さらに、宿に戻ってPCにつないで……といった作業ができないなら、そもそも旅行先で取り込めないこともある。

 筆者のように仕事でこまごまと撮影する場合も、取り込みの手間がネックになる。カメラのディスプレーで確認した時にはいい感じでも、大きい画面で表示するとピンボケになっていたりするからだ。できれば、撮影中にタブレットやPCでリアルタイムに確認したい。

 そんな時におすすめなのが「Eye-Fi Mobi Pro 32GB」だ。Wi-Fiを内蔵するSDメモリーカードで、容量はたっぷりの32GB。書き込み速度もClass 10に対応し高速だ。このSDカードを装着したカメラで撮影すると、写真をワイヤレスでPCやスマホ、クラウドに転送することができるのだ。SDカードを取り外してカードリーダーにセットしたり、USBケーブルの脱着から解放されるのだ。

 まずは「Eye-Fi MobiPRO」をカメラにセットして、スマホアプリ「Eyefi Mobi」からカードをアクティベーションする。その後、スマホから「Eye-Fi Mobi Pro」のWi-Fiに接続すれば準備完了。カメラで撮影すると、スマホアプリに画像が自動で転送される。

 今回利用したカメラは「EOS Kiss x7」なので、あらかじめ「Eye-Fi」機能を有効にしておく。「Eye-Fi Mobi Pro」を使わない場合や、カメラのバッテリーを少しでも節約したいときにはオフにすればいい。

Eyefi Mobi App
価格無料(アプリ内課金あり) 作者Eye-Fi
バージョン5.4.2 ファイル容量15.5 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降
「Eye-Fi MobiPRO」の実売価格は9000円前後。SDカードとSDカードリーダー、コードが書かれたカードなどが同梱されている
SDカードを一眼レフに装着し、「Eye-Fi」機能を有効にしておく
「Eyefi Mobi」アプリをダウンロードする通知の許可が求められるので「OK」をタップする
以前のEye-Fiアプリがインストールされていると警告が出るできれば以前のEye-Fiアプリは削除しておこう
「Mobiカードを設定」をタップする付属のカードに記載されているコードを入力し「インストール」をタップする
「インストール」をタップし、パスコードを入力すると設定が端末にインストールされる「写真」へのアクセスを求められるので、「OK」をタップする
Wi-Fiの切り替えを促されるスマホの端末設定で、Wi-Fiを「Eye-Fi Mobi Pro」に切り替える
カメラで撮影すると転送が始まるどんどん一眼レフで撮った写真が転送される
拡大表示したり、レタッチすることができる共有メニューから端末内に保存したり、SNSに投稿したりできる

次ページでは、「Wi-Fiルーター経由で直接クラウドに写真をアップロードする

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART