このページの本文へ

ブラウザ内での画像加工/編集や、動画のローカル公開機能も追加して発売

「desknet's NEO」新版発売、乗換案内連動の交通費精算機能も

2015年06月10日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネオジャパンは6月10日、Webグループウェア「desknet's NEO」(パッケージ版/クラウド版)の新バージョン(V3.0)を提供開始した。交通費・経費精算にかかる業務を省力化する機能、コメント記入など画像をブラウザ上で編集できる機能も追加されている。

desknet's NEOの基本的な特徴

 desknet's NEOは、累計316万ユーザー(2015年3月現在)の販売実績を持つグループウェア。オンプレミス導入型のパッケージ版と、1ユーザー単位の月額料金で利用できるクラウド版がある。

desknet's NEOは、316万人の累計ユーザーを抱えるサービス

 今回のバージョン3.0ではまず、個々のユーザーが顧客先訪問などのスケジュールを登録する際に、必要となる交通費や経費を登録できる「交通費・経費精算」機能が追加された(追加ライセンスが必要)。ジョルダン「乗換案内Biz」の経路検索画面を組み込み、連動させることも可能で、ユーザーは毎回正確な交通費を簡単に登録できる。

 また、日々蓄積したデータは、経費精算申請時にまとめてCSVデータとしてエクスポートしたり、desknet'sのワークフロー機能を使って上長に提出したりすることが可能。

スケジュール登録の際に交通費や経費も登録できる。乗換案内Bizと連携しており、正確な交通費が簡単に検索/登録可能

 次に、動画アップロード/貼り付け機能と、画像編集ツールが新たに組み込まれた。ポータルや回覧掲示、マニュアル文書などに動画を組み入れたい場合、従来はYouTubeなどの外部動画サイトにアップロードする必要があったが、機能を内蔵したことでその必要がなくなった。

 さらに、HTML5で開発されWebブラウザ上で動作する画像編集ツールを内蔵したことで、貼り込み画像に書き込みなどを行う場合もほかのツールを使う必要がなくなった。

 そのほか、Webメールクライアント機能のIMAPサーバーへの対応、V2.5で搭載したメール誤送信防止機能の再機能強化、文書作成時のデータ自動保存/回復といった新機能を備えている。

 税抜価格は、クラウド版が1ユーザーあたり月額400円、パッケージ版エンタープライズライセンスが150万円(300ユーザーの場合)から、スモールライセンスが3万9800円(5ユーザーの場合)からとなっている。なお「交通費・経費精算」機能はオプションで、クラウド版は1ユーザー月額100円、エンタープライスライセンスの場合24万円(300ユーザー)、スモールライセンスでは2万8000円(5~15ユーザー)から。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ