このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ネットプロモの成功のカギとは!? ウェブ担のお悩み解決! ― 第9回

仲間と動画が作れるコラボ機能も搭載

新発想! 音楽と自動でシンクロする動画制作ソフト開発秘話

2015年05月21日 11時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 「カッコいい動画」とはどんな動画かときかれると、多くの人がミュージックビデオを思い浮かべるのではないだろうか。動画制作が身近になり、自分である程度の動画は作れても、アーティストのMVのようなカッコいい動画を作るのはなかなか難しい。動画制作ソフトを使いこなす技術がなくて、どうしても音楽と合っていない「カッコ悪い」動画になってしまうのだ。

 デジタルステージが発売した「PhotoCinema」という動画ソフトは、動画制作の素人でも記事冒頭のようなBGMに合った動画を手軽に作れるという。いったいどういうソフトなのか、PhotoCinemaの開発スタッフである小林氏、洪氏、四家氏にお話をうかがった。

PhotoCinemaの開発スタッフ

カンテツワークス 小林貫さん。PhotoCinemaの開発ディレクターを担当。デジタルステージ ディレクター 洪 泰和さん。PhotoCinemaの開発プロジェクトマネージャーを務める。デジタルステージ開発リーダー 四家和彦さん。PhotoCinemaの開発を統括するプロジェクトリーダー。

プロが作ったPVのように音楽にシンクロした動画が簡単に作れる

メインの編集画面。より印象的な効果を狙うなら、ここぞというシーンでBGMも盛り上がると理想的。

─── 今回、動画作りでは音楽にポイントを置いたとか。

小林 映像と音楽がマッチしている動画はカッコ良く見えるものです。しかし、従来の動画制作ツールで動画編集すると、音楽は後回しになりがちです。撮影した動画を編集してつなげて、最後にBGMを合わせるというような作り方をするからです。後付けだと、BGMと動画のタイミングが合わないため“カッコいい”動画にはなりにくいものです。そこが動画制作の大きな難しさだと思います。

 そこで「PhotoCinema」では、音楽にばっちり合った動画を作れることを1つのコンセプトにしています。まず音楽を選ぶことからスタートして、曲に合わせた動画を作り上げていきます。具体的には音楽の拍子や小節の長さに連動して、動画や静止画などの素材を当てはめて行くことで、曲のリズムやフレーズとマッチした動画が制作できるのです。

 例えば、ウエディングムービーの場合、好きな曲を選んでから、曲の展開に合わせて新郎新婦の写真や動画を入れていくことで、ストーリー仕立てのムービーを作ることができます。曲が盛り上がるタイミングで印象的な写真やメッセージを表示するなど、凝った演出も簡単にできます。

 テンプレートに収録している音楽の各フレーズに素材や演出を当てはめているので、ユーザーはその素材を入れ換えたり、演出を調整したりするだけでオリジナルのムービーが完成します。なお、MP3などの音源ファイルならば、ソフトに収録されている音楽以外を利用することもできます。

 個人的には、動画編集ソフトというよりはミュージックビデオ制作ソフトだと思っています(笑)

PhotoCinemaでは音楽に連動した動画が作れる

テンポに合わせて画面をタップし、曲のリズムに連動した動画を作成できる。

 曲のテンポに合わせて画面をタップするとBPMを検出し、曲のリズムに連動した動画が作れる「タップ機能」と、映像を分割するなどレイヤーごとにカスタマイズする「フレーズ編集」を採用。動画初心者でもこだわりの動画編集が可能だ。

■PhotoCinemaとは?

 2002年に発売された「LiFE* with PhotoCinema」の後継ソフトとして開発された「PhotoCinema」。動画や静止画からムービーを制作できる。用途や目的に合わせて選べる3つの編集モード「おまかせモード」「じぶんでモード」「シナリオモード」が用意され、高度な動画編集を誰もが容易にこなせる。

 もっとも特徴的なのが、複数の人から集めた素材で1つの動画を作り込める「コラボ機能」。素材の撮影依頼と収集までを一元管理できる。

 通常版「PhotoCinema」と、収録される素材やテンプレートが結婚式関連のものに特化された「PhotoCinema Wedding」が発売される。2015年5月28日よりパッケージ版、ダウンロード版ともに発売開始。

「PhotoCinema」for Windows/Mac 価格:各1万5984円/ダウンロード版:各1万5984円「PhotoCinema Wedding」for Windows/Mac 価格:各1万5984円/ダウンロード版:各1万5984円

次ページ(苦労するのは作る人だけ…動画制作の困難を解決する機能とは?)に続く

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン