このページの本文へ

ROCCAT「Tyon All Action Multi-Button Gaming Mouse」

親指パドルと背びれスイッチ? 新ギミック装備のマウスが5日に発売

2014年12月03日 23時29分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 親指パドルと背びれスイッチを備えるユニークなゲーミングマウス「Tyon All Action Multi-Button Gaming Mouse」がROCCATから登場。5日(金)から販売が始まる。

ROCCATから5日(金)に発売予定の「Tyon All Action Multi-Button Gaming Mouse」

 本製品は、左側面に備え上下に動く“X-Celerator”と呼ぶ親指パドルタイプのアナログスティックと、スクロールボタンの下にあり左右に動く“背びれスイッチ”を備えるゲーミングマウス。

左側面に備え上下に動く“X-Celerator”と呼ぶ親指パドルタイプのアナログスティック。FPSでは主に乗り物の操作などに利用できる
左右に動く“背びれスイッチ”。人差し指の第2関節を使い操作する仕組みで、直感的かつ瞬間的にゲーミングコマンドを発動できる

 レーザーセンサーには8200 DPI Pro Aim (R3) を搭載。ボタンは16個の割り当て可能なマウスボタンに加え、1つのボタンに2つの機能を割り当てられるボタンデュプリケーター「EASY-SHIFT[+]」を備える。

 サイズは78(W)×135(D)×40(H)mm、重量126g。接続インターフェースはUSBで、ケーブル長は180cm。

 予価は1万3975円で、パソコンショップアークやツクモパソコン本店で販売予定だ。

カラーはブラックとホワイトの2色。価格は安くないが、注目のギミックを備えたハイエンドマウスだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中