このページの本文へ

SteelSeries「Rival」

RTSゲーム「Dota 2」仕様のゲーミングマウス「Rival」登場

2014年11月28日 23時06分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesから、RTSゲーム「Dota 2」仕様にカスタマイズされた光学式ゲーミングマウス「Rival: Dota 2 Edition Gaming Mouse」が登場。パソコンショップアークとツクモパソコン本店で販売がスタートした。

RTSゲーム「Dota 2」仕様にカスタマイズされた光学式ゲーミングマウス「Rival: Dota 2 Edition Gaming Mouse」が発売

 右手に快適にフィットするようデザインされた人気のゲーミング専用の高性能オプティカルマウス「Rival Optical Gaming Mouse」をベースに、Dota 2仕様にした特別バージョン。限定特典としてゲーム内で使用できる、Doom専用武器「Genuine Hell’s Glare」が付属する。

 センサーには、Pixart PMW3310オプティカルを採用。解像度50~6500CPIまで調整可能なクラス最高水準のセンサーで、早いマウス操作においても、1:1の正確なトラッキングを実現。スイッチには3千万回以上の耐久性を誇るSteelSeries独自モデルを採用し、素早い反応と絶妙なクリック感、さらに子気味良いクリック音で、軽快なマウス操作が可能としている。

表面は、快適な感触が継続する抗汗コーティングを施したマット加工を採用

 そのほか、無料ソフトウェア「Engine 3」を使用すれば、全6ボタンのマクロ設定、1680万通りのイルミネーション、ポーリングレイト、直線補正、加速と減速などのカスタマイズをサポートする。本体サイズは70(W)×133(D)×45(H)mm、重量は128g。インターフェースはUSBで、ケーブル長は2m。
 価格はパソコンショップアークで7290円、ツクモパソコン本店で8100円だ。

本体左右のラバーグリップは、ステッカー貼り付けではなく、より良いコントロールとグリップを実現するための、直接噴射による成型を採用する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中