このページの本文へ

降着ポーズがちょっとにかわいい

DJI、飛行中に変形する4Kカメラ搭載マルチコプター

2014年11月14日 14時19分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DJI INSPIRE 1

 DJI Phantom 2などを販売するDJIは11月12日(米時間)、マルチコプターの新製品「INSPIRE 1」を発表、販売を開始した。

 現行のPhantom 2よりも上位機にあたるモデルで、4K撮影とリアリタイムビューが可能なカメラシステムを装備する。4つのローターを支えるアームは飛行中と着陸時で角度が変わり、地上ではローター下の着陸脚でカメラが地面に当たらないように、飛行中はカメラの視野に着陸脚が入らないようにしている。

 降着姿勢(左)と飛行姿勢(右)。リンク機構により、アームが上げ下げしてもプロペラは水平を保つ 

 加速度センサーやGPSに加え、音波/光学カメラによる測距技術を導入してGPSの利用できない屋内でも安定して飛行でき、1ボタンで離陸/着陸、発進地点への帰還といった機能もブラッシュアップしているという。

 フレームはH型をしており、機体中央にあるモーターでアームの上げ下げを行う 

 搭載するカメラは、撮像素子にソニー製1/2.3インチEXMOR、12メガピクセルCMOSセンサーを採用、4K/30fpsの撮影が可能。機体が傾いてもカメラを水平を保つジンバルに装備。画像伝送装置も内蔵し、送信機側でリアルタイムに映像を確認できるほか、送信機を2つ使うことで1人が飛行をコントロール、もう1人がカメラの方向制御を行うことも可能。カメラ部は将来的なアップグレードのため容易に交換できるという。

 コントローラーはPhantom 2と似ており、ほぼ同じものを2つ用意することで一方をカメラの方向制御に使うことができる 

 機体サイズ438×451×301mm、機体重量は2935g。4500mAh(6S)バッテリーを用い、最大18分間の飛行が可能(オプションで5700mAhバッテリーも用意される)。価格は2899ドルより。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART