このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第379回

カシオ「EX-FR10」で撮る、普通ではありえないアングルの猫写真

2014年10月31日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
女子の足元でくつろぐ猫をFR10でこっそり……あっ、猫に対してこっそり撮ったのであって、女子に対してではありません。為念(2014年10月 カシオ EX-FR10)
女子の足元でくつろぐ猫をFR10でこっそり……あっ、猫に対してこっそり撮ったのであって、女子に対してではありません。為念(2014年10月 カシオ EX-FR10)

 カシオ計算機から「EX-FR10」(実売価格4万5000円前後)というヘンなデジカメが出たのである。何がヘンかというと、カメラ部がコントローラ(モニター部)からガチャッと離れるのだ。あとは、モニター部からワイヤレス操作できるというワイヤレスカメラなのである。

ユニークなデザインのカシオ「EX-FR10」。上のカメラ部と下のモニター部(コントローラー)が実はワイヤレスでつながっていて、ヒンジで角度を変えたり、取り外して離れたところから撮ったりできるのだ ユニークなデザインのカシオ「EX-FR10」。上のカメラ部と下のモニター部(コントローラー)が実はワイヤレスでつながっていて、ヒンジで角度を変えたり、取り外して離れたところから撮ったりできるのだ

 というか、実はカメラ部とモニターはそもそも線でつながってないので、一見、両者が合体していてもワイヤレスなのである。

 ワイヤレスだと何ができるか、というと、カメラと自分が離れてても撮れるのだ。フリースタイルカメラの登場である。

 これで何をどう撮るかはアイデア次第だけど、一度やってみたかったのがこれ。

 細くて軽い一脚の先にFR10のカメラ部を装着して手を伸ばせば、カメラ部だけをそっと猫に近づけられる。ってことは、近づけない猫でもアップで撮れるんじゃないか。

 思いついたらやってみるのである。FR10のカメラ部はそもそも三脚に装着できるようになってるし、別売りの三脚マウンター(EAM-1)を使えば、ワンタッチで三脚につけたり外したりできる。

カメラ部を取り外して細い一脚の先につけ、こっそりカメラを近づけて猫撮影! 使ったのは愛用してるベルボンの「ウルトラスティック M50」(2014年10月 オリンパス OM-D E-M1) カメラ部を取り外して細い一脚の先につけ、こっそりカメラを近づけて猫撮影! 使ったのは愛用してるベルボンの「ウルトラスティック M50」(2014年10月 オリンパス OM-D E-M1)

 ふふ。こんな風に撮れるのだ。

 あ、望遠で撮ればいいじゃん、とはいわないように。広角レンズのFR10でぐぐっと近寄れるところが面白いし、これを応用すれば屋根の上にいる猫を正面から撮るとか、猫と自分の間に草などの障害物があって見通しが悪くても撮れるとか、いろいろ面白さがあるのである。

 その結果がこちら。

カメラだけ近づけてこっそり撮った白猫(2014年10月 カシオ EX-FR10)
カメラだけ近づけてこっそり撮った白猫(2014年10月 カシオ EX-FR10)

 もういっちょう、人が近づくと逃げちゃう猫がいたのである。今までは望遠レンズでしか撮れなかったのだけど、一脚の先にカメラをつけてそーっと手を伸ばしてみたら、「これ、なんだろう?」とカメラ目線をしてくれたのだ。

一脚の先にFR10を付けて、これ以上近づくと逃げちゃう猫に接近(2014年10月 アップル iPhone 6 Plus) 一脚の先にFR10を付けて、これ以上近づくと逃げちゃう猫に接近(2014年10月 アップル iPhone 6 Plus)
無事、カメラ目線をゲット。ちょっと逃げ腰ではあるけど、その辺はご容赦を(2014年10月 カシオ EX-FR10)
無事、カメラ目線をゲット。ちょっと逃げ腰ではあるけど、その辺はご容赦を(2014年10月 カシオ EX-FR10)

(次ページに続く、「至近距離にいる猫も撮れちゃう!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART