このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本独自の進化を遂げた、新Office特集 ― 第3回

ライセンスの違いや購入方法などをまとめてみた

Office PremiumとOffice 365 Solo、10の疑問

2014年10月22日 09時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

引き続き、新しいMicrosoft Officeをめぐる状況を整理していく。今回は、「Office Premium プラス Office 365 サービス」「Office 365 Solo」に関する10の疑問に答えていこう。
(第2回記事はこちら:新しいOfficeはなぜ日本だけで提供されるのか

最新のOfficeはクラウドに対応し、2ライセンスで展開する

Q1 「Office Premium プラス Office 365 サービス」「Office 365 Solo」って何?
A1 クラウドに対応した、新しいMicrosoft Office

 10月17日から個人向けサービスを開始した「Office Premium プラス Office 365 サービス」(以下、Office Premium)および「Office 365 Solo」は、従来のプレインストール型のOfficeとクラウドサービスを融合させた、まったく新しいタイプのOfficeだ。

 Office Premiumはメーカー製PCにあらかじめ組み込んだ形で提供されるプレインストール版のサービスで、Office 365 Soloは、ユーザー自身がライセンスを買って導入するサービス。ともに世界では類を見ない、日本のみで展開されるライセンス製品となる。

Q2 クラウドサービスって?
A2 容量1TBのクラウドストレージ、マルチデバイス利用などが可能

 従来のプレインストール版Officeと大きく異なるのは、クラウド型の「Office 365 サービス」が利用できる点だ。Office Premiumの場合はあらかじめ1年間有効ライセンスを付属しており、容量1TBのクラウドストレージ「OneDrive」Office Mobileとの連携によるマルチデバイス対応(iPhone/Android用、Office for iPadも年内に提供される予定)、Skype月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償テクニカルサポートと、4つのサービスが提供される。1年間のサブスクリプション(契約)サービスである「Office 365」でも同様のサービスを提供する。

 特にマルチデバイス対応が可能になり、複数台のモバイル端末から自由にデータにアクセスできるため、Officeの利用シーンは今後大きく変わるかもしれない。

Q3 2つのライセンスって何が違うの?
A3 Office PremiumはOEM向け、使えるアプリも違う

従来型Officeとクラウドサービスのハイブリッドである「Office Premium プラス Office 365 サービス」単体で販売するクラウド型サブスクリプションサービス「Office 365 Solo」

 Office PremiumのライセンスはOEM向けで、Surface Pro 3やメーカー製PCへのプリインストール形式でしか提供されない。Office Premium非搭載PCで最新のOfficeを利用したい場合は、「Office 365 Solo」のみが選択肢に上ることになる。

 Office Premiumは、Office 2013のWordやExcelをPCにプレインストールしており、PCを使い続ける限り最新版へのアップデートが可能。永続ライセンスなので、従来のOfficeと同じような感覚で使えるだろう。上述のクラウドサービスも1年間無料で付属する。(2年目以降は要契約)

 Office 365 Soloは、Office 2013で提供されるすべてのデスクトップアプリが利用でき、Mac版では「Office for Mac Home & Business」に含まれるWord/Excel/PowerPoint/Outlookが利用可能。クラウドサービスも利用可能だが、契約が終了すればすべてのアプリが使えなくなってしまう点には注意しよう。また、1ヵ月単位での契約も可能なので、短期間のみ利用する場合には非常に便利だろう。

Q4 どこで売ってるの? 価格は?
A4 ダウンロードとPOSAカードで販売、
Office 365 Soloは1万2744円

Office Premiumで2年目以降もクラウドサービスを使いたい場合は、サービスのみを追加できるライセンスを用意する。価格は6264円

 Office Premiumがプレインストールのみの提供となるのは先述の通り。Office 365 Soloは従来のようなパッケージ販売ではなく、ダウンロードおよび量販店などで取り扱うPOSAカードでの販売に移行する。なお、Office Premiumのクラウドサービス部分のみを買い足せる「Office 365 サービス」も同じくダウンロードとPOSAカード形式で販売する。

 価格については、プレインストール版のOffice PremiumはPCの価格に含まれるが、2年目以降のクラウドサービスのみを買い足すには6264円がかかる。また、単独で販売するOffice 365 Soloは、1年間の契約で1万2744円となる。

 もちろん、Office Premiumのデスクトップアプリのみを使うぶんには課金の必要はない。

Q5 PCには何台までインストールできる?再インストールは?
A5 365 SoloはPC/Mac2台まで可。一度アンインストールすれば別PCにも

 Office Premiumの永続ライセンスはプレインストールのPCに紐づいているため、PC複数台では利用できない。Office 365 Soloのデスクトップアプリは最大2台までのPC/Macで利用可能だ。

 すでに2台のPCまたはMacへOffice 365 Soloをインストールしており、別の端末にインストールしなおしたい場合は、Officeのマイアカウントページに表示される使用しないPC名の「非アクティブ化」タブをクリックし、使用をやめたい端末のOfficeをアンインストールすることで、別のPCまたはMacへOfficeをインストールが可能になる。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART