このページの本文へ

GIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」

GIGABYTEのGeForce GTX 970はゲーマーに最適!

2014年10月25日 12時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」を
選ぶ5つの理由

 以上のようにGTX970の魅力を述べてきたが、実際どのメーカーの製品を選ぶべきか? 最上位のGTX980と違い、GTX970はリファレンス仕様の製品が出回っていないため、GTX970はメーカー独自仕様の製品から選ぶことになる。

 数ある製品のなかで編集部が特にオススメなのがGIGABYTE独自のオーバークロックモデル「GV-N970G1 GAMING-4GD」だ。

3連ファンがいかにも冷えそうなGIGABYTE製ビデオカード「GV-N970G1 GAMING-4GD」。実売価格は税込5万円前後

 同製品の魅力はオーバークロック設定の高さだ。GTX970のリファレンス仕様がベースクロック1050MHz、ブーストクロックが1178MHzなのに対し、GV-N970G1 GAMING-4GDはベース1178MHzで、ブーストはさらに高い1329MHz。

 リファレンスのブーストクロックが最低保証のベースクロックなのだ。これだけでGV-N970G1 GAMING-4GDを買う理由になりそうなものだが、改めてこのカードを買う理由を5つ紹介しよう。

理由その1:冷却力を重視した「WINDFORCE 3X」&
超絶「Super Over Clock」

 現在のGeForce系のGPUクロックはGPUに余裕があれば自動的にオーバークロックする「GPU Boost 2.0」が組み込まれている。このGPUの余裕を示すパラメーターはいくつかあるが、特に重要なのはGPU温度。つまり“GPUが冷えなければ、クロックが上がらない”のだ。

 この仕様があるからこそ、GeForce系GPUには高性能クーラーは必須。TDP 145WのGTX970に対しえらく巨大なクーラーが搭載されているのは、ブースト1329MHzという高いオーバークロック設定を維持するためには必然の装備なのだ。

このロゴが高性能FAN「WIND FORCE 3X」搭載の証GIGABYTEのSUPER OVER CLOCKロゴ。その名の通り、「超オーバークロック」されている
3基のファンと大型ヒートシンクで冷却する「WINDFORCE 3X」クーラー。TDP 145WのGPUにはオーバースペックのような印象を受けるが、大きい分しっかり冷える。後のベンチで冷却性能を検証しよう裏面ほぼ前面には鉄製プレートを装着。放熱はもちろんだが温度の上下動で発生する基板の歪みを抑え、耐久性を確保する目的もある
リファレンス仕様の補助電源は6ピン×2だが、OC版なので8ピン+6ピンに強化済。電源ケーブルのツメが基板側に回り、着脱しやすいよう工夫されている点に注目上部のWINDFORCEロゴは動作中に青く光るようになった。GeForce Experience上の「LED Visualizer」を使うことで、GPU負荷や温度に連動して発光パターンを変えられる
「GPU-Z」で各種情報をチェック。ブーストクロック1329MHzという設定の高さに注目

理由その2:自由度の高いディスプレー出力
「FLEX DISPLAY」

 マルチディスプレー環境を構築したい人はGV-N970G1 GAMING-4GDのディスプレー出力の構成にも注目だ。他社のGTX970搭載製品では、DVIが1系統にDisplayPort3系統、HDMI2.0が1系統だが、GV-N970G1 GAMING-4GDはGIGABYTE独自の「FLEX DISPLAY」によりDVIを2系統装備しているのだ。

GIGABYTEのFLEX DISPLAYは6基の出力を搭載しており、幅広いディスプレーに対応できるGV-N970G1 GAMING-4GDのディスプレー出力はDVIが2系統ある。写真左側のDVI端子は、その直下のDisplayPort2基と排他利用になる

 2系統目のDVIはDisplayPort2系統と排他利用という制約はあるものの、DVI接続の液晶を主に使う人にとっては、他社製のカードよりも使いやすい。DisplayPort→DVI変換ケーブルを使わなくてもよい、という点は多いに評価すべきだろう。

FLEX DISPLAYは、4K解像度の4画面出力も可能だ

→次ページに続く (さらなるオーバークロックも狙える

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中