このページの本文へ

ドコモ、家族シェアでも個人でも翌月パケット繰り越し可に

2014年09月08日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、同社の新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に、余った通信量を翌月まで持ち越せる「パケットくりこし」を10月からスタートする(10月の未利用分を11月に持ち越し可)。

 「パケットくりこし」は、月2GBの「データSパック」とらくらくスマートフォン向けプランをのぞく、1人向け/家族向け/法人向けの各プランにおいて、1GB単位で適用される。

 なお、通信量が上限に達した際に追加購入した通信量(1GBあたり1000円)については、有効期限が翌月末までに延長される(従来の当月中)。また9月19日からは、1人向けのデータ定額に8GBの「データLパック」が追加される。料金は月6700円(税抜)。

(すべて税抜) ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」
基本プラン 2700円 カケホーダイプラン
ISP料金 300円 spモード
データ定額 2GB 3500円 データSパック
5GB 5000円 データMパック
8GB 6700円 データLパック
10GB 9500円 シェアパック10
15GB 1万2500円 シェアパック15
20GB 1万6000円 シェアパック20
30GB 2万2500円 シェアパック30

後追いの他社新料金プランに対するドコモ側の対抗!?

 各社の新プランの詳細については、別記事を参照いただきたいが、余った通信量の翌月持ち越しは、従来ソフトバンクが「データくりこし」として、テレビCMなどで積極的にアピールしていたサービスである。

 ただし、ソフトバンクの「データくりこし」は、家族間でのデータシェアを選択すると利用できないため(個人でデータ定額を利用する場合のみ)、家族間のデータシェアと個人ユーザーのどちらでも翌月に通信量を持ち越せる点でドコモの「パケットくりこし」は有利になっている。

 また月8GBのデータ定額は、auが「データ定額8」として先に用意されていた。auの「データ定額8」は月6800円なので、「データLパック」は100円安いというわけだ。

 新料金プランでは先行したドコモだが、その後登場した他社のプランに対し、今回の発表で積極的に対抗してきたと言えそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART