このページの本文へ

Intel「Core i7-5960X」、「Core i7-5930K」、「Core i7-5820K」

“Haswell-E”こと新Core i7シリーズがデビュー まずは3モデル!

2014年08月30日 01時01分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのハイエンドCPUでコードネーム“Haswell-E”こと、新型Core i7シリーズの販売が30日(土)からスタートする。ラインナップは全部で3モデル。なお、同時に対応マザーボードも数種類が発売される。

“Haswell-E”こと、新型Core i7シリーズ。「Core i7-5960X」、「Core i7-5930K」、「Core i7-5820K」の3モデルが登場した

 新型Core i7シリーズは、従来のLGA2011とは互換性のない、新ソケット“LGA2011v3”に対応する8コア/16スレッド対応のハイエンドCPU。対応チップセットは同時に発表された「Intel X99 Express」で、対応メモリーも新規格となるDDR4となる。

 登場したのは「Core i7-5960X」(8コア/16スレッド/クロック3.00GHz/TB時3.50GHz/L3キャッシュ20MB)、「Core i7-5930K」(6コア/12スレッド/クロック3.50GHz/TB時3.70GHz/L3キャッシュ15MB)、「Core i7-5820K」(6コア/12スレッド/クロック3.30GHz/TB時3.60GHz/L3キャッシュ15MB)の3モデルで、いずれもTDPは140W。

 末尾“K”が表す通り、CPU倍率の変更に対応する。なお、サポートされるPCI Express3.0レーン数はモデルによって異なり上位2モデルは40レーンで、「Core i7-5820K」のみ28レーンとなる。

「Core i7-5960X」(8コア/16スレッド/クロック3.00GHz/TB時3.50GHz/L3キャッシュ20MB)
ツクモパソコン本店(左)とパソコンショップアーク(右)の価格表

 29日の時点で確認できた「Intel X99 Express」搭載マザーボードは、ASUSTeKが1モデル、ASRockが6モデル、MSIが2モデルの計9製品。30日には、これにGIGABYTEが2モデル加わる予定だ。

 また、対応メモリーであるDDR4メモリモジュールは、全体的に極度の品薄傾向。好みのモデルを購入するのは、なかなか難しい状況で、特にオーバークロック系の製品はその傾向が強い。購入予定の人は、DDR4メモリーの在庫に注目しておいたほうがよさそうだ。
 CPUおよび対応マザーボードの価格は、改めてお伝えする予定だ。

入荷されているASUS「X99-Deluxe」
サポートされるPCI Express3.0レーン数はモデルによって異なり上位2モデルは40レーンで、「Core i7-5820K」のみ28レーンとなる点には注意

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中