このページの本文へ

GIGABYTE「ESSENCE」

ACアダプター駆動のコンパクトMini-ITXケースがGIGABYTEから

2014年08月09日 23時10分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEから、コンパクトな縦置きタイプのMini-ITXケース「ESSENCE」(型番:GZ-EZS12A-F1)が発売された。付属の120W ACアダプター駆動に対応する。

GIGABYTEから登場した、コンパクトな縦置きタイプのMini-ITXケース「ESSENCE」(型番:GZ-EZS12A-F1)

 本体サイズが74(W)×234(D)×300(H)mm、重量約1.35kgとコンパクトな縦置きタイプのMini-ITXケース。ケース本体から独立する、独自のマザーボードフレーム構造を採用するのが特徴。取り出しての作業ができるため、各パーツが組み込み易い。

サイドパネルはトビラのように開く仕組み。ちょっとしたメンテナンスの際には便利
トップ部分には40mm×3基の冷却ファンを備える

 ストレージは2.5インチ(7/9.5mm厚)×1のみ。ほかにフロントUSB 2.0×2、サウンドポートを備える。また冷却ファンに40mm×3基を搭載している。素材は外装が2.5mm厚ABS樹脂、フレームが2mm厚SECC製。付属の120W ACアダプターは別途3Pソケット(メス)型のACコードが必要になるので注意。
 価格は1万3800円。パソコンハウス東映とツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

I/O周りもシンプル。フロントがアルミだと、もっとカッコいいかもしれない

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中