このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2.5インチSSD 2014夏の頂上決定戦 ― 第3回

コスパ優秀な「MX100」で、大容量&爆速のSSD RAID構築に挑戦

2014年08月02日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 売れ筋&注目SSDを6モデル試してきたが、ここからはコストパフォーマンス優秀なCrucial「MX100」を使って、大容量&爆速SSD RAIDの構築に挑戦していこう。

256GBモデルよりもコスパが優秀な512GBモデル「CT512MX100SSD1」。実売価格は2万3000円前後。1GBあたりの単価は約44.9円と、256GB(約50.7円)より約5円安価だ

容量1TBの爆速ストレージを構築!!

 シーケンシャルアクセス速度1000MB/sオーバーも目指せるSSD RAIDは、それなりにコストが必要だったが、手ごろな価格帯で速度も十分なCrucial「MX100」や、Transcend「SSD370」を使えば、1TBの大容量かつ爆速なストレージをコスト抑えつつ、構築できるようになっている。

 さっそく、コストパフォーマンスが優秀で、ライト性能も公称シーケンシャルライト500MB/s、ランダムライト8万5000IOPSの第一線級クラスになっているCrucial「MX100」の512GBモデル「CT512MX100SSD1」を2台用意。「Intel Z97 Express」チップセットが標準で備えているRAID機能を使って、512GB×2台でのRAID0を構築し、そのパフォーマンスを見てみよう。

Crucial MX100
型番 CT128MX100SSD1 CT256MX100SSD1 CT512MX100SSD1
容量 128GB 256GB 512GB
サイズ 2.5インチ、7mm厚
接続インターフェース シリアルATA 6Gbps
コントローラー Mervell 88SS9189
NANDチップ Micron 20nm MLC NAND Micron 16nm MLC NAND
シーケンシャルリード 550MB/s
シーケンシャルライト 150MB/s 330MB/s 500MB/s
ランダムリード(IOPS) 8万IOPS 8万5000IOPS 9万IOPS
ランダムライト(IOPS) 4万IOPS 7万IOPS 8万5000IOPS
MTTF(平均故障時間) 150万時間
TBW(総書き込み可能容量) 72TB
保証期間 3年間
実売価格 8500円前後 1万3000円前後 2万3000円前後

単体でも魅力ある512GBモデル
「CT512MX100SSD1」

 いざ512GBを2台使ってRAID0を構築だ! と行く前に、まずは512GBモデルの単体性能をチェックしておこう。

CrystalDiskMark デフォルト(ランダム)
Crucial「MX100」512GBCrucial「MX100」256GB
ATTO Disk Benchmark
Crucial「MX100」512GBCrucial「MX100」256GB

 256GBモデルより、ランダムリードはダウンしてしまったが、ライト性能はシーケンシャル・ランダム(512K)ともに大きくアップ。「CrystalDiskMark」のランダムライト(4K QD32)のIOPS換算も、公称スペックに近い最大8万3736.5IOPSを出していた。

 また、「ATTO Disk Benchmark」でのピーク性能では、リード・ライトとも64KBから最大性能を発揮し、ともに500MB/s超えになっている。ただ、リードは最大545MB/sと256GBモデルよりわずかにダウン。さらに原因は不明だが、何度計測しても128KBでリードが420MB/s程度までダウンする症状が発生した。

 100点満点とはいかないが、256GBよりも1GBあたりの単価が安くて、ライト性能が向上する512GBモデルは、オススメできる性能になっている。フルHD動画やハイレゾ音源、そして必要容量が増加の一途を辿っているゲームなどを複数インストールしたいという人は、Crucial「MX100」の512GBモデルは、かなり狙い目といえるだろう。

 ちなみに週末の数量限定特価で、「CT512MX100SSD1」を2万円切りで出すPCパーツショップが登場。さすがに頻繁には行なわれない大特価だが、今後の価格動向には、かなり期待が持てそうだ。お盆休み恒例の各PCパーツショップの特価品に並ぶ可能性も捨てきれない!

 512GBの単体性能を把握したところで、次はいよいよ2台によるRAID0を構築していこう。

RAID移行の鬼門がSATA動作モードの切り替え
Windows 8なら簡単にできる!

 正規の手順通りにSATAの動作モードを「AHCI」から「RAID」に切り替えて、システムを再インストールする人は読み飛ばしてオーケーだが、現状のSATAモードからクローンアプリなどを使って、“システムごとRAIDに移行したい”、“システムSSDはそのままに、RAIDストレージを追加したい”という人も多いだろう。RAID移行術ではおなじみとなっているが、まずはSATAの動作モードの変更手順を紹介しておこう。

 なお、今回紹介する方法はWindows 8/8.1向けで、セーフモードで起動して簡単にSATAの動作モードを変更する手順になっている。Windows 7などで変更する場合は、定番ツールの「SATAモード変更支援ツール」(関連リンク)などを使おう。

「ファイル名を指定して実行」を選択し、「msconfig」と入力。「OK」をクリックして「システム構成」を呼び出そう
起動した「システム構成」の「ブート」タブを選択。「ブート オプション」にある「セーフ ブート」をチェックして「OK」をクリック。再起動しよう
マザーボードのBIOS(UEFI)に入り、SATAの動作モードを「RAID」に変更。設定を保存したら、OSをセーフモードで起動させよう

 通常のモードでWindows 8/8.1が起動すればSATAの動作モードの変更は成功だ。あとはインテルダウンロードセンター(関連リンク)や、マザーボードメーカーのウェブサイトから、最新版の「Intel Rapid Storage Technology (Intel RST) RAID Driver」をダウンロードしてインストールすればオーケーだ。

セーフモード上で、再び「システム構成」を呼び出し、「全般」の「スタートアップの選択」にある「通常スタートアップ」を選んで、「OK」をクリック。再起動を行なおう

 すべての構成で成功する保証はないが、上記手順はマイクロソフトのサポート情報「Windows 8で、システムBIOSのATAドライブ設定を変更すると再起動のループが発生します」を元にしているので、多くの構成で問題なく変更できると思われる。

→次のページヘ続く (気になるベンチマーク結果は?

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社