このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2.5インチSSD 2014夏の頂上決定戦 ― 第1回

この夏SSD買うならコレ!! 売れ筋&注目の全6メーカー7製品

2014年07月30日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SATA3(6Gbps)を大きく上回るパフォーマンスを発揮するPCI Express接続のM.2 SSDや、登場が待たれる次世代インターフェースのSATA Express接続モデルも気になるところだが、今最もアツいのは、2.5インチSSDだ。

売れ筋&注目モデルを徹底チェック

 上位モデルに匹敵する性能を備えつつ、手ごろな価格のCrucial「MX100」シリーズの登場とともに、値下がりや特価品が活性化している2.5インチSSDの売れ筋&注目モデルを3回に分けてチェックしていこう。

安定人気の定番SSDと注目の新型2.5インチSSDはコレ!!

 SATA3 SSDを大きく上回る爆速のPCI Express接続M.2 SSDは、最速重視派には非常に気になる存在だが、今秋葉原のPCパーツショップで激アツなのは、扱いやすい2.5インチSSDだ。

在庫限りの特価や値下がりが目立つSSDの価格表(7月22日時点のBUY MORE秋葉原本店)

 手ごろな価格で、必要十分なパフォーマンスを発揮するとあって、あっとう間に定番SSDの地位に躍り出たCrucialブランドの新型SSD「MX100」シリーズの登場以降、うれしいことにIntel「SSD 530」や「SSD 335」、CFD「S6TNHG6Q」、Samsung「SSD 840 EVO」、「SSD 840 PRO」、Plextor「M6S」といったド定番の2.5インチSATA SSDが値下がり基調にある。

2014年3月に登場した高パフォーマンスと信頼性で人気のCFD「S6TNHG6Q」シリーズもググッと値下がり。お手ごろ価格帯に突入しているCrucial「MX100」シリーズに劣らない性能と価格を実現したTranscendオリジナルコントローラー採用の新型SSD「SSD370」シリーズ

 さらに容量256GBで1万円前後と超激安な数量限定や処分特価のSSDも秋葉原の多くのPCパーツショップで見かけるようになっている。今回はそんな物欲を大いに刺激する売れ筋&注目2.5インチSSD6モデルをチョイス。その性能を見ていくことにした。

価格重視派注目の256GBで1万円前後となる数量限定の激安SSDも並んでいる。外付けケースと組み合わせたモバイルSSD用などにもアリだ(左:パソコンショップ アーク、右:BUY MORE秋葉原本店)

今注目の2.5インチSSD6モデルをピックアップ

 秋葉原のPCパーツショップ店員に聞いた売れ筋モデルや全国の主要家電販売店24社から集計したランキング情報の「BCN ランキング」を元に、ASCII.jp編集部がピックアップした2.5インチSSDの公称スペックやラインナップなどをメーカー名順に紹介していこう。

ド鉄板な東芝製SSD採用の
CFD「S6TNHG6Q」

 まずは、信頼性とパフォーマンスに定評のある東芝製SSD「HG6」シリーズを採用したCFDの「S6TNHG6Q」シリーズを紹介しよう。2014年3月の発売当初こそ、売れ筋容量の256GBモデル「CSSD-S6T256NHG6Q」は、2万円前後していたが、毎週ジワジワと値下がり。トドメの一撃的にCrucial「MX100」シリーズが登場し、1万5000円前後のお手ごろ価格帯までダウンしている。

CFD「S6TNHG6Q」

 コントローラーとNANDフラッシュメモリーは、当然ながら東芝製を採用。公称の最大シーケンシャルリードは530MB/s、ライトは500MB/s(512GBモデル)と高速になっている。また、暗号化機能「TCG Opal Ver.2.0」に対応し、特定システム以外に接続した場合に、自動でデータを消去する「Wipe機能」なども搭載している。

CFD S6TNHG6Q
型番 CSSD-S6T128NHG6Q CSSD-S6T256NHG6Q CSSD-S6T512NHG6Q
容量 128GB 256GB 512GB
サイズ 2.5インチ、7mm厚
接続インターフェース シリアルATA 6Gbps
コントローラー TOSHIBA TC358790XB6
NANDチップ TOSHIBA 19nm MLC NAND
シーケンシャルリード 530MB/s
シーケンシャルライト 490MB/s 500MB/s
ランダムリード(IOPS) 約9万5000IOPS 約9万7000IOPS 約9万2000IOPS
ランダムライト(IOPS) 約6万1000IOPS 約6万7000IOPS 約6万7000IOPS
MTTF(平均故障時間) 150万時間(東芝 HG6)
TBW(総書き込み可能容量) -
保証期間 3年間
実売価格 8500円前後 1万5000円前後 2万9000円前後
「S6TNHG6Q」シリーズはTOSHIBA刻印の入った独自コントローラーを採用
容量256GB「CSSD-S6T256NHG6Q」の基板。東芝製19nm MLC NANDフラッシュメモリーを採用している

次のページに続く (一時代を築いたCrusialとPLEXTORのSSD

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社