このページの本文へ

最小構成価格は10万円台から! 512GB SSDも選択可能

GT 840MとHaswell Refleshで3割速く! 15.6型ノート「Endeavor NJ5950E」—エプソンダイレクト

2014年06月17日 11時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エプソンダイレクトがノートPCの新フラッグシップとなる15.6型の「Endeavor NJ5950E」発表

 エプソンダイレクトは6月17日、GPUとして「GeForce GT 840M」を搭載する15.6型ノートPCのフラッグシップモデル「Endeavor NJ5950E」を発表した。「Endeavor NJ5900E」の後継となるモデル。最小構成価格は10万872円で、Core i3-4100M、4GB メモリー、250GB HDD、DVD-ROMドライブ、無線LAN非搭載という仕様だ。

天面にはヘアライン風のパネルを採用している

 CPUは、5月に発売となった超低電圧版 第4世代インテルCoreプロセッサー(コードネーム:Haswell Refresh)の「Core i7-4910MQ」「Core i7-4810MQ」「Core i7-4710MQ」「Core i5-4210M」「Core i3-4100M」から選択できる。メモリー積載量は最大で16GB。ストレージは1TBまでのHDDのほか、128GB、256GB、512GBのSSDも選択可能。

 CPUの変更によりバッテリー駆動時間は約29%伸び、消費電力は約10%低減したとしている。(JEITA Ver2.0で計測)。またGPUはEndeavor NJ5900EのGeForce GT 740MからGeForce GT 840Mに強化。CPUとGPU以外は同一条件で、3D Mark 11で計測したベンチマーク性能は約33%向上しているという。

ボトム側のケースは、厚みを感じさせにくいくさび形にデザインされている。キーボードは10キー付きのアイソレーションキーボード
ディスクドライブを右側面に配置。BTOメニューより選択できるケースの処理は丁寧だ

 サイズは約幅374×奥行き252×高さ36mmで、重さは約2.5kg。キーボードはNJ5900Eに引き続き、テンキー付きのアイソレーションキーボードを採用している。

 6月17日より同社の直販サイトEpson Direct Shopにて受注を開始、順次出荷を開始する。

主なスペック(最小構成)
型番 Endeavor NJ5950E
CPU Core i3-4100M(2.50GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600
メモリー 4GB PC3L-12800 DDR3L
ストレージ 250GB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、HDMI端子、VGA端子、ヘッドフォン出力端子、マイク入力端子
光学式ドライブ DVD-ROMドライブ
バッテリー駆動時間 約6.2時間(JEITA Ver.2.0)
寸法/重量 約幅374×奥行252×高さ36mm/約2.5kg
価格 10万872円
OS Windows 8.1 64bit

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン