このページの本文へ

基本スペックを強化、Office有無の選択も可能

7モード変形の「dynabook KIRA L93」、Core i7・SSD2倍の直販モデルが本日受注開始

2014年05月19日 16時19分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
7つのスタイルに変形可能な13.3型ノート「dynabook KIRA L93/W9M」

 東芝ダイレクトは5月19日、7つのスタイルで使用できる13.3型ノートPCのウェブオリジナルモデル「dynabook KIRA L93/W9M」を発表した。本日から受注を開始しており、発売は6月下旬を予定している。価格は26万280円。

 dynabook KIRA L93/W9Mは、独特なキーボードの分離方式と360度回転ヒンジを採用し、用途に合わせた7つのスタイルに変形可能な「7WAYノート」。キーボードを外した状態でもディスプレー部分のみをスタンドさせることができ、これにより据え置きPCのように使えるデスクトップモード、ペン入力やイラスト制作に適したキャンバスモードなど、他にない形態を実現した。

ディスプレーは単独でスタンド可能デスクトップPCのようなスタイルでも使用できる
イラスト制作時などに浅い角度を保持できるキャンバスモード

 通常モデルよりも基本スペックが強化されており、CPUはCore i7-4610Y(1.70GHz)、メモリーは8GB、ストレージは256GB SSDを搭載する。ディスプレーはタッチ対応の13.3型WQHD(2560×1440ドット)LED液晶で、OSは4月9日に公開されたWindows 8.1 Updateとなる。また、Microsoft Office Home and Business 2013は搭載の有無が選択可能になっている。

 サイズは約幅319.9×奥行227×高さ16.9mm、重量は約1.75kg(キーボード非装着時約1.3kg)。

製品の主なスペック
製品名dynabook KIRA L93/W9M
CPUCore i7-4610Y(1.70GHz)
メモリー8GB(8GB×1)
ディスプレー タッチ対応13.3型WQHD(2560×1440ドット)LED液晶
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4200
ストレージ256GB SSD
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0×2、HDMI出力端子(4K対応)
光学式ドライブ
バッテリー駆動時間約9時間/JEITA2.0、約10.5時間/JEITA1.0
本体サイズ/重量約幅319.9×奥行227.0×高さ16.9mm/約1.75kg(キーボード非装着時:1.35kg)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
OfficeOffice Home and Business 2013/なし

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー