このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「dynabook KIRA L93」で、7つのスタイルを自在に使い分ける! ― 第2回

端子カバーで見映えスッキリ

タッチだけじゃない!ペンとキーボードが快適な「dynabook KIRA L93」

2014年06月25日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
独特の構造が特徴の「dynabook KIRA L93」

 7種という多彩な変形で、あらゆる利用シーンにおいて適切な使い方を実現させてくれているのが「dynabook KIRA L93」の特徴だ。前回紹介したように、この変形は単なる見映えのインパクトを狙ったものではない。実際に使い道があり、きちんと使いやすく作られている。今回はその細かい使い勝手について紹介しよう。

製品の主なスペック
製品名dynabook KIRA L93
CPUCore i5-4210Y(1.50GHz)
メモリー8GB(8GB×1)
ディスプレー タッチ対応13.3型WQHD(2560×1440ドット)LED液晶
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4200
ストレージ128GB SSD
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0×2、HDMI出力端子(4K対応)
光学式ドライブ
バッテリー駆動時間約9時間/JEITA2.0、約10.5時間/JEITA1.0
本体サイズ/重量約幅319.9×奥行227.0×高さ16.9mm/約1.75kg(キーボード非装着時:1.35kg)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
OfficeOffice Home and Business 2013

切り離した部分はしっかりカバー

 端末がある部分から切り離せるデタッチャブル端末の場合、どうしても切り離した部分の接点が存在する。当然そこには本体とキーボード等を接続する端子が露出しているし、かみ合わせの凹凸もある。その部分が少々見苦しいが便利だから目をつぶろう、というのがこの手の端末の基本でもある。

 しかし「dynabook KIRA L93」には、その切り口部分に取り付けるカバーが同梱されている。本体側とキーボード側に取り付けるものがそれぞれ用意されているから、デスクトップスタイルのように切り離しつつも両方使いたい時にも安心だ。実際カバーをつけてみると凹凸がなくなり、端子部分も見えなくなるため見映えがよく安心感もある。

剥き出しの接点を覆うカバーが同梱されている
カバーを取り付ければすっきりと見映えも良くなる
キーボード側にも専用カバーがある
東芝ダイレクト


(次ページ、「バックライト搭載キーボードが快適」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー