このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「dynabook KIRA L93」で、7つのスタイルを自在に使い分ける! ― 第3回

ベンチマークやバッテリーテストでモバイルノートとしての性能をチェック

長時間使えるバッテリーでモバイル利用にもぴったり「dynabook KIRA L93」

2014年06月27日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 薄型かつデタッチャブルでタブレットにもなる東芝の「dynabook KIRA L93」は、当然モバイルでの利用を想定しているはずだ。本体サイズはキーボードをつけたノートPCスタイルだと約幅319.9×奥行き227.0×高さ16.9mmで、重さは約1.75kgと特別軽いわけではないが、タブレットスタイルにすると重さが約1.3kgになる。13.3型ディスプレーを搭載したモデルとしては十分に軽量といえる範囲だろう。

 では、実際にモバイルを想定した使い方をした時にどうなのか。そのあたりを、ベンチマークやバッテリーテストを通して紹介しよう。

薄型かつデタッチャブルでタブレットにもなる13.3型ノートPC「dynabook KIRA L93」
dynabook KIRA L93の主なスペック
製品名 dynabook KIRA L93(カタログモデル) dynabook KIRA L93(直販モデル)
CPU Core i5-4210Y(1.5GHz) Core i7-4610Y(1.7GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4200
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD
ディスプレー 13.3型(2560×1440ドット)
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
光学ドライブ -
サウンド機能 インテル ハイ・ディフィニション・オーディオ準拠、harman/ardon ステレオスピーカー・オーディオ準拠
インターフェース USB 3.0×2、microHDMI端子×1、マイク入力/ヘッドフォン端子×1
内蔵カメラ 全面:約92万画素ウェブカメラ、背面:約500万画素ウェブカメラ
センサー 電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー
連続駆動時間 約10.5時間
サイズ/重量 約幅319.9×奥行227.0×奥行16.9mm/1.75kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)
東芝ダイレクト


(次ページ「試用機でのベンチマークはスリム端末として標準的な結果」へ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー