このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画」 ― 第26回

東方Projectはニコニコ動画での再生数24億、pixivでは2番目の大規模タグ

10年を超えた東方人気をニコ動とpixivのデータで確認!

2014年05月22日 18時00分更新

文● myrmecoleon

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 この連載では、独自に収集したデータを使って、みんな知ってるようで知らないニコニコ動画の現在を紹介していきます。今回はひさびさに「東方Project」を調査してみました。連載一覧はこちら

筆者紹介:myrmecoleon

 明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフでニコニコ学会β幹事。趣味で同人誌やニコニコ動画関連の研究をしてる人。記事に使ったデータ元の『ニコニコ統計データハンドブック2014』など同人誌をコミケで頒布。ブロマガでは連載記事の補足も。
 Twitterアカウントは@myrmecoleon。関わった近著に『進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来』(イースト・プレス刊)。右の画像は筆者を擬人化?して描いてもらったキャラ「ありらいおん子」。男の娘。

■Amazon.co.jpで購入

アレンジ曲からTRPGまで
多様な作品が広がるニコニコ動画の「東方」カテゴリ

 「東方Project」(通称「東方」)は同人サークル「上海アリス幻樂団」制作の弾幕STGのシリーズを中心とする作品の総称で、この連載でも第7回で一度取り上げました。先日は東方Projectの最大のオンリー同人誌即売会「第十一回博麗神社例大祭」が開催されました。今回はひさしぶりにこの「東方」を取り上げてみたいと思います。

 東方Projectに関する動画はニコニコ動画では「東方」のタグで投稿されています。「東方」は初期は一般タグでしたが、ニコニコ動画(9)よりカテゴリタグとなり、現在27万以上の動画が投稿されています。これまで約3万8000名のユーザーが東方タグの動画を投稿し、月に300名が新たに加わっています。

 2010年3月の例大祭の頃に投稿数・投稿者数ともにピークを迎え、以降は時期による変動はあるものの月間4000弱の投稿がありましたが、2012年・2013年とイベントの少ない年末年始に投稿数の落ち込みが大きく、最近は月間3000投稿程度まで落ちてきています。

2014年5月中旬時点で視聴可能な「東方」タグの付いた動画の月別の投稿動画数とそのユニークな投稿者数、および新規の投稿者数。2008年はじめに急増、2010年3月にピークを迎え月間5000投稿を超える。イベント開催の影響が大きく、例大祭・夏コミとイベントの続く前半に投稿が増え、夏コミ以降は投稿数が減少する傾向がある

 再生数中央値は1126と高く、現在の総再生数は約24億2000万、1万再生以上が13.3%、上位0.82%の投稿者の動画に全体の再生数の半数が集中しています。

 下記の表は昨年末に調査したものです。また参考のため以前に紹介した2012年末の値も並べました。動画の特徴としては再生数が非常に高い傾向があり、再生数の中央値は投稿数の減少の影響か若干1年前より高くなっています。プレミアム率は比較的高めで、女性や海外からの投稿者は少ないです。平均年齢はそのまま1歳上がっています

「東方」タグの基本データ
合計 中央値 参考:前年の中央値 参考:全体の中央値
再生数 23億2993万3387 1095 1027 501
コメント数 1億2199万525 25 25 17
マイリスト登録数 3833万2017 8 8 3
コメント率 - 2.31% 2.45% 3.12%
マイリスト率 - 0.89% 0.92% 0.83%
「東方」タグの投稿者データ(公開ユーザーのみ)
タグ投稿者 参考:前年の値 投稿者全体
プレミアム会員の比率 50.79% 49.61% 36.00%
女性の比率 10.55% 11.22% 25.56%
国外からの動画投稿者の比率 4.85% 4.57% 6.34%
平均年齢 24.8歳 23.9歳 24.4歳

※コメント率・マイリスト率はそれぞれコメント数・マイリスト登録数を再生数で割った値。拙著同人誌『ニコニコ動画統計データハンドブック2014』より抜粋。2013年12月上旬調査時点の値。前年データは連載第7回掲載と同じ。


 動画の傾向はグラフ2をみると分かるとおり、アレンジ曲(転載・自作)・歌ってみた・手書き・MMD・実況プレイ動画・東方卓遊戯(TRPGなど卓上ゲーム)と多様で、かつ時期によってよく投稿されているジャンルが変化しています。

ニコニコ動画の東方タグの動画につけられていたタグについて、月ごとに調べて並べたもの。カテゴリタグは緑、動画の形式を示すタグは青、東方関連のゲームタイトルを示すタグは紫、キャラクター名のタグは赤、その他は灰色で示してある

 グラフ3に主なタグについて、期間別の東方動画全体に対する比率を示しました。初期は「東方」がカテゴリタグでなかったこともあり、カテゴリタグの「ゲーム」「音楽」のタグが多かったです。

東方動画のおもなタグについて、各タグの東方タグ動画全体に対する比率の推移を各時期ごとに示したもの。2014年については1月から5月中旬まで

 2009年10月にカテゴリタグ化して大きく減りましたが、その後も東方シリーズのプレイ動画や東方のキャラクターを使ったゲーム動画は多く、東方動画に付くタグとしては「ゲーム」は現在も非常に多いです。「実況プレイ動画」「ゆっくり実況プレイ」などは継続して投稿されており、現在はそれぞれ全体の5%程度を占めています。

 2007年から2009年前半頃までの初期の投稿では「東方アレンジ」(既存の同人音楽等での東方シリーズ楽曲のアレンジ。一般に転載)の動画が多く、また東方曲の歌ってみた動画も多かったようです。音楽関係ではその後「東方自作アレンジ」(投稿者自身による東方アレンジ)の投稿が増えており、最近では東方動画の1割弱が自作アレンジです。

 2008年から増えてきたのが「東方手書き劇場」。東方の世界観・キャラクターを使ったイラストなどによる動画です。ニコ動以前から東方作品の同人活動は盛んであり、こうした点からイラストを使った紙芝居的な動画などが多数投稿されるようになります。2009年後半に投稿数で「東方アレンジ」を抜き、2011年頃は東方動画の13%がこうした「東方手書き劇場」動画でした。以降は若干投稿数が落ちていますが、こちらも現在の東方動画の1割弱程度を占めています。

 2009年頃から現われ、その後年々増加しているのがMikuMikuDanceを使用した東方動画(「東方MMD」)。2012年以降では東方動画のなかでは最も投稿数の多いグループとなっています。現在では主要な東方キャラクターのほとんどのMMDモデルが出ており、東方キャラを用いたさまざまなMMD動画が投稿されています。グラフ2において20位前後にキャラクター名のタグが見えているのはおそらくMMDの影響でしょう。

Junky氏とろん氏によるオリジナル曲「スイートマジック」を東方のアリス・マーガトロイドと霧雨魔理沙に踊ってもらったせっきょん氏の動画。300万再生を超える東方MMDの代表的な作品で、第7回MMD杯で優勝。この動画をきっかけに曲の「スイートマジック」とモデルの「にがもん式アリス」は爆発的に広がった。

 MMDと同時期に増えてきているのが「東方卓遊戯」。東方関連の卓上ゲーム動画全般を指すタグですが、東方キャラを主人公などにしてTRPGをプレイした様子をノベルゲーム風のリプレイ動画に起こしたものが多いです。ゆっくりTRPGなどもそうですが近年こうしたTRPG動画が増えているようです。

 なお東方関連のゲームタイトルのタグが付いた動画には該当ゲームのプレイ動画が多いですが、こちらは2007年頃によく見られ、以降は「萃夢想」「緋想天」「非想天則」といった東方シリーズの対戦格闘ゲームでよく投稿されていました。しかし、グラフ2を見るかぎりではこれらのタグは年々比率が落ちており、東方シリーズのプレイ動画は減っているようです。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART