このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本上陸(?)のスマホも続々発表! MWC 2014レポ ― 第28回

Ubuntuスマホは今年登場! その未来は?

2014年03月22日 14時00分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Ubuntuは第3のOSになりうるか!?

 スマートフォン用のOS開発を進めているCanonicalは2013年、目標調達額1280万ドルという野心的なクラウドファウンディングプロジェクト「Ubuntu Edge」を展開し、大きな話題となった。目標額未到達と言う点では失敗に終わったが、需要があることはわかった。

 「Ubuntu Edgeは失敗ではない」とCanonicalの幹部。その後同社は端末メーカー2社と提携を交わし、今年はいよいよ端末を投入する。2月末にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress」(以下、MWC)にて、Canonicalのクライアントマーケティングトップ、Marina Engelvori氏に今後の計画について話を聞いた。

CanonicalのMarina Engelvori氏

──MWCの直前に、端末メーカーとの提携を発表しました。Ubuntuスマートフォンはいつ発売される見通しですか?

Engelvori Ubuntuスマートフォンの製造について、2月にbq、Meizuの2社と合意しました。2社から2014年中にUbuntuスマートフォンが登場する見込みです。デバイスの細かな仕様や販売はこれから定めていくことになりますが、ミドルレンジになると予想しています。

 bqはスペイン、ポルトガル、それにドイツなどで展開しており、Meizuは中国ではXiaomiに次ぐ大手スマートフォンメーカーで、米国への拡大を狙っています。われわれとしては、世界中でUbuntuスマートフォンを展開することが目標です。

Meizuの試作品。残念ながらソフトウェアは動いていなかった

──キャリア側の取り組みを教えてください。2013年にCarrier Advisory Group(CAG)を立ち上げていますが、キャリアからUbuntuスマートフォンが登場する予定はありますか?

Engelvori CAGには現在、Vodafone、Verizon、Deutsche Telekom、T-Mobile USA、SMARTなど16社が参加しており、月に1度集まってUbuntuの計画をレビューしています。Ubuntuはオープンソースなのでコードを公開して、参加キャリアが最新のコードを確認したり、自社の計画に合わせて検証することもできます。

 キャリアからbqやMeizuが登場する可能性については、現在複数のキャリアと深いレベルで話を進めているところです。2014年後半には、キャリア側の進捗を報告できると思います。しかし、現在のフォーカスはbqとMeizuの端末を市場にきちんと出すことにあるのです。

──ミドルレンジになるとのことですが、ターゲットユーザーはどの層でしょうか? Ubuntu Edgeはハイエンドを狙っているように見えましたが……。bqとMeizuでハイエンドを期待しているユーザーを満足させることができるのでしょうか?

Engelvori Ubuntu Edgeは1ヵ月で22万件の入札があり、Pebbleをはじめとしたこれまでのクラウド調達プロジェクトの記録を更新しました。そういう意味で、われわれにとってUbuntu Edgeキャンペーンは成功だと思っています。目標額には届きませんでしたが、Ubuntuのハイエンドスマートフォンを欲しいと思っている人がそれだけいることを実証しました。プロジェクトに入札した人にはUbuntuファンも多いですが、AndroidとiOSに代わるOSとしてのUbuntuに、好意的な意見を持っている人も少なからずいました。

左のローンチャからアプリを起動できる

 Ubuntuスマートフォンは美しいデザイン、使いやすいUIが特徴です。MWCでの反応もとても良く、新鮮だという声も聞けました。市場にニーズはあると実感しています。細部にこだわってデザインしたUIとソフトウェアを備え、高級感のあるスマートフォンになるでしょう。Meizu、bqと組むことで、素晴らしい端末を届けることができると思います。ハイエンドからターゲットがさらに広がると予想しています。

 定期的に行なっているユーザービリティテストでは、直感的に使えるという評価が得られました。さらに重要なこととしては、楽しい(fun)という声が出ていることです。「端末を使うことが楽しい」ということは、もっと使いたいということで、非常に良い兆候ですね。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART