このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第338回

ソニー RX10を手にお正月の鞆の浦で猫撮影【その2】

2014年01月17日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“寂び”というよりは“錆び”ですが、錆びかけた外階段にちょこんと座ってた美猫。観光客が代わる代わる覗き込んでいくが、慣れたもんで、平然としておりました(2014年1月 ソニー DSC-RX10)
“寂び”というよりは“錆び”ですが、錆びかけた外階段にちょこんと座ってた美猫。観光客が代わる代わる覗き込んでいくが、慣れたもんで、平然としておりました(2014年1月 ソニー DSC-RX10)

 前回に引き続き、鞆の浦の猫を。前回は海や港を背景にした写真を集めてみたので、今回は古い街らしいちょっと侘びてたり寂びてたりするような猫写真を集めてみた。

1インチセンサーを搭載し、24-200mm相当で全域F2.8のカールツァイスレンズをつけたレンズ一体型カメラ。ボディはデカいが、望遠端でもF2.8と明るいのと、液晶モニターがチルトするのは猫撮りにうれしい
1インチセンサーを搭載し、24-200mm相当で全域F2.8のカールツァイスレンズをつけたレンズ一体型カメラ。ボディはデカいが、望遠端でもF2.8と明るいのと、液晶モニターがチルトするのは猫撮りにうれしい

 カメラは引き続き、ソニーの「DSC-RX10」。これを首からぶら下げて古い街を散歩である。

 山肌の狭い路地を歩いてたら、犬の散歩から帰ってきた方に遭遇。一緒に歩いてくる小さな動物がいる、と思ったらなんと猫。犬と仲良く散歩してたらしい。

散歩から帰ってきた犬。飼い主の後をついて散歩する猫もいるので、一緒に散歩してたのか、途中から合流したのかわからないけど、猫も一緒に帰って行ったのである(2014年1月 ソニー DSC-RX10)
散歩から帰ってきた犬。飼い主の後をついて散歩する猫もいるので、一緒に散歩してたのか、途中から合流したのかわからないけど、猫も一緒に帰って行ったのである(2014年1月 ソニー DSC-RX10)

 斜面の狭いS字に曲がった路地、後ろに見える古い家、そして、リードなんていう最近の言葉は似合わない、漁師が使ってた的ロープで散歩してた犬、一緒に歩いてきた猫。その組み合わせがよくて思わず撮っちゃいました。

 で、今写真を見てて思い出した。こんな犬と猫の写真、撮った記憶がある。しかも同じ場所。

 もしかして同じ犬なんじゃないかと古い写真ライブラリを引っ張り出して見つけたのが次の写真だ。

猫を撮ってたら、犬がひょいと現れたのだ。3匹の猫と1匹の犬。このあと犬が子猫を取って食ったりはしてません。仲良く並んで見送ってくれた10年前(2004年5月 ニコン D100)
猫を撮ってたら、犬がひょいと現れたのだ。3匹の猫と1匹の犬。このあと犬が子猫を取って食ったりはしてません。仲良く並んで見送ってくれた10年前(2004年5月 ニコン D100)

 撮影日したのは2004年5月。約10年前。

 あのときは犬も放し飼いになってて、猫と遊んでたのだ。小さくて黒い子猫と見つめ合う犬。

 すごく似た犬なんだけど、あの犬がまだ元気にこうして歩いているのか、あるいはその子どもか、確かめられなかったのが残念。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART