このページの本文へ

俺のカップ焼そばがこんなにマヨネーズまみれなわけがない

エースコックがカップ焼そばにマヨネーズを入れすぎた件

2013年12月12日 19時47分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「カップ焼そばにマヨネーズ入れすぎた件」。2ちゃんねるのスレッドではなく、本当の商品画像です

 食べ物でやりすぎるやつら、というものが存在する。すごい量のラー油を投入しないと辛さを感じないやつ。すごい量のラーメンを食べないと満たされないやつ。もっともそれは個人の話だ。メーカーはそんな冒険に出たりはしない。

 ……と思ったら、エースコックが動いていた。2014年1月13日に、「EDGE 鬼マヨ焼そば」を全国で発売するという。大量のマヨネーズで仕上げるのが特徴だそうだが、何しろ、「鬼」である。いかにもすごそう。パッケージにもマヨネーズを大量に入れた調理写真をデザインしている。

 しかし、なぜこのような商品が生まれたのだろうか。リリースによれば、激辛メニューやメガ盛フードなど、インパクトのある食品が注目を集めていることや、SNSでの情報発信を目的に、それらを購入する新しい消費行動「ネタ消費」が話題となっていることが背景にあるという。

 といってもおふざけを推奨するわけではなく、消費者の「驚きニーズ」を満たす商品を開発する……という方向に動いたのがエースコック。そこで、既存品では味わえない「驚き」と「やりすぎ」でエッジを効かせた新ブランド「EDGE」を立ち上げたのだ。その第一弾がこれというわけ。

 それにしても、「鬼」と名付けられるほどのマヨネーズが入ったカップ焼そばとは、一体どんなものなのか。今から発売が楽しみだ。

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社