このページの本文へ

12月29日~31日、東京ビックサイトにて

【直前】冬のコミケ、携帯電話事業各社の電波対策をチェック!

2013年12月27日 14時30分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクは、アクセスポイントを装備した人を各所に配置

 携帯電話事業各社が、コミックマーケット85(以下、コミケ)で恒例のエリア対策を実施する。各社の対応は以下の通り。

  • KDDI 車載型基地局(LTE+3G)、Wi-Fiスポット
  • NTTドコモ 移動基地局車(LTE+FOMA)、Wi-Fiスポット
  • ソフトバンク 移動基地局車、Wi-Fiスポット
  • イーモバイル 移動基地局車
  • UQコミュニケーションズ WiMAX及びWiMAX 2+仮設基地局

 KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクが用意するWi-Fiスポットは、人がアクセスポイントを装備しコミケ会場をカバーするという。なお、KDDI、NTTドコモ、ソフトバンク、UQコミュニケーションズの4社はエリア対策の地図も公開している。

KDDI、従来の3G車載型基地局に加え、4G LTE車載型基地局もコミケ会場をカバーする
NTTドコモ、濃い赤の部分は移動基地局車とWi-Fiスポットを共に配置する随時強化エリア
ソフトバンク、Wi-Fiスポットのみを公開している
UQコミュニケーションズ、WiMAX及びWiMAX 2+仮設基地局を設置

 各社ともに混雑時や通信環境による速度の大幅な低下などに対する注意を呼び掛けている。コミケは12月29日~31日まで東京ビックサイトで開催される。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ