このページの本文へ

PCでもスマホでも使える! デュアル端子のUSBメモリー

2013年10月05日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCからスマートフォンへスムーズにデータを受け渡せる、USB端子とmicroUSB端子の両方を備えたUSBメモリーがADATAとエムティーシーから発売。アキバの各店にて販売が始まっている。スマートフォンのデータバックアップにも重宝するため、1つ手元にあると便利なアイテムだ。

PCとスマホの両方で使えるUSBメモリーがADATAとエムティーシーから発売。USB端子に加え、ホスト対応ポートで使用できるmicroUSB端子をそれぞれ備えている
ADATAの「DashDrive Durable UD320」シリーズはコンパクトサイズが魅力。microUSB変換アダプターが合体したモデルで、入荷したのは16GBモデル

 ADATAから発売された「DashDrive Durable UD320」シリーズは、ナノレシーバーサイズのUSBメモリーとmicroUSB変換アダプターが一体化したモデル。以前エレコムから発売された「MF-SAU2」シリーズと同様のコンセプトの製品で、携帯に便利なコンパクトサイズが魅力だ。

 インターフェースはUSB 2.0。Android 4.1以降に対応しており、新しめの端末向けの製品になっている。入荷したのは容量16GBの「AUD320-16G-CBK」で、近日中に32GBモデルも入荷する予定とのこと。パソコンハウス東映と東映ランドにて1680円、テクノハウス東映にて1980円で販売中だ。

スライド式のエムティーシー「Dual Face tA」シリーズ。USB端子は高速なUSB 3.0に対応するほか、大容量の32GBモデルが同時に入荷している。なお、32GBがレッド、16GBがブラックと、容量ごとに本体カラーは決まっている

 エムティーシーの「Dual Face tA」シリーズは、USB端子とmicroUSB端子をスライド式で入れ替えて使用するモデル。やや大型ながらPC向けのUSB端子はUSB 3.0に対応するほか、Androidのサポートもバージョン2.3以上と幅広い。

 ラインナップと価格は32GBモデルの「MT-DFTA-32」が2980円、16GBモデルの「MT-DFTA-16」が1980円。あきばお~零などのあきばお~各店で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART