このページの本文へ

microUSBとUSB、2つの端子を持つUSBメモリーにお手頃モデル

2014年02月28日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCとスマートフォン、タブレット間で簡単にデータの受け渡しができる、USBデュアルインターフェースのSanDisk製USBメモリー「SanDisk Ultra Dual USB Drive」シリーズの新モデルが発売。容量32GBの「SDDD-032G-G46」がパソコンハウス東映に入荷している。

SanDiskから発売のデュアル端子搭載USBメモリー「Ultra Dual USB Drive」シリーズの32GBモデル。指先サイズの小型ボディーで、専用のファイル管理アプリもリリースされている

 指先サイズのコンパクトボディーに、PC向けのUSB端子とAndroid端末向けmicroUSB端子を搭載するUSBメモリー。最近にわかに数を増やしつつあるカテゴリーで、SanDiskから新たな容量ラインナップが追加された。シリーズ発売時は16GBか64GBかという、やや極端なラインナップだったところ、今回はその中間にあたるモデルが加わった格好だ。

 接続インターフェースはUSB 2.0で、本体サイズは幅19.81×奥行き36.58×高さ10.92mm。Android向けのファイル管理・バックアップアプリ「SanDisk Memory Zone」に対応している。

 パソコンハウス東映における価格は、今回発売の32GBモデルが2780円、既存の16GBモデルが1780円、64GBモデルが4980円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART