このページの本文へ

最大発音数が「KORG M01」から24音に倍増

ニンテンドー3DS向け音楽制作ソフト「KORG M01D」が配信開始

2013年07月10日 21時09分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「KORG M01D」、価格は3000円。ニンテンドーeショップにて配信中だ

 7月10日、DETUNEとコルグによる共同開発のニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト「KORG M01D」が配信開始した。

 前ニンテンドーDSソフト「KORG M01」は、1988年発売のミュージックワークステーション「KORG M1」をモデルとし、2010年に発売したもの。KORG M1の全音色とコルグ自らチューニングし実装した300種類以上の音色、タッチペンの軽快な操作感で人気を博していたが、2012年12月に生産を完了した。

各トラックの音量やパンの設定を行える「MIXER」画面ノート(音符)データの入力や編集を行える「SYN SEQ」画面ソング全体の構成の編集や、音色の選択を行える「MAIN」画面

 KORG M01Dは、KORG M01に比べ最大発音数が12音から24音に倍増したほか、インターネットやすれちがい通信を利用してユーザー間でのソングデータの交換が可能になった。SDカードへのソングデータセーブや、MIDIデータの出力もできる(最大ソングデータセーブ数は360曲)。上ステータス画面の3D表示にも対応した。

 また、KORG M01に搭載されていた全機能は維持。KORG M1の全PCM波形データをはじめとした342音色や、8トラック/シーケンサ、マスターリーブ、ディレイエフェクトなどの機能を引き続き搭載する。

 なお、KORG M01販売時に海外からも発売を求める声が多かったため、KORG M01Dは今年夏頃から海外販売を予定しているという。

 価格は3000円で、ニンテンドーeショップにて配信中だ。

© 2013 KORG Inc. All rights reserved.
© 2013 PROCYON STUDIO CO., LTD. All rights reserved.
© 2013 DETUNE Ltd.
Game Design, Game System and Game Engine by DETUNE Ltd.
Synthesizer Design and Sound Engine by KORG Inc.

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社