このページの本文へ

ASCII.jpの記事で振り返る金子勇氏

急逝したWinnyの開発者・金子勇氏が考えていたこと

2013年07月08日 20時46分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月6日、Winnyの開発などで知られるソフトウェア開発者金子勇氏が、急性心筋梗塞により逝去した。

 金子勇氏は東京大学大学院情報理工学系研究科の助手時代(2002年)にWinnyを開発。2004年に著作権法違反幇助容疑で逮捕され、一審では有罪判決。しかし二審の大阪高裁では逆転無罪となり、2011年に最高裁が検察側の上告を棄却したことで無罪が確定した。

 2006年にはドリームボート(現Skeed)の設立に際して技術顧問として参加し、P2Pを応用したコンテンツ配信サービス「SkeedCast」の開発を担当した。

 Skeedの社外取締役、取締役ファウンダー兼CINO(Chief Innovation Officer)を経て、現在は東京大学情報基盤センターの特任講師を務めていた。

 次世代のインターネットに関しても、高い関心と深い造詣を持っていた金子勇氏。ASCII.jpの記事で同氏の経歴と実績を振り返りたい。

ASCII.jpの記事で振り返る金子勇氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART